このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000049104
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-2D-200808-02
事例作成日
(Creation date)
2008/08/05登録日時
(Registration date)
2008年11月20日 02時10分更新日時
(Last update)
2012年06月24日 12時18分
質問
(Question)
最新のPISA調査の結果を知りたい。(日本の順位だけでなく、参加国全部の順位。)
回答
(Answer)
最新のPISA調査は2006年に実施、結果発表は2007年12月。『生きるための知識と技能 -OECD生徒の学習到達度調査(PISA) :調査国際結果報告書  2006年-』(ぎょうせい)に結果が掲載されている。「OECDファクトブック」の2008年版にも掲載されるもよう)
また、インターネットの情報としては、OECD東京センターのHP上に「OECD Factbook2008」のデータが公開、文部科学省のHP上にも、「(文部科学省)教育課程部会事務局からのお知らせ―OECD生徒の学習到達度調査(PISA2006)の結果についてのお知らせ―(2007年12月5日)」が公開されており、2006年度のPISA調査の結果・要約が掲載されている。
回答プロセス
(Answering process)
1.商用データベース「朝日新聞 聞蔵Ⅱビジュアル」を「PISA」で検索。
  →朝日新聞2007年12月5日に記事2件あり。日本の順位はあり
   (日本=科学的な応用力で6位、数学的な応用力で10位、読解力で15位)、全順位や上位国についてはなし。
    2006年PISA調査の流れの紹介があり、2006年度の結果は2007年12月に世界同時発表、とのこと。

2.その他の商用データベース・新聞記事検索
  「産経新聞ニュース検索サービス」「読売新聞ヨミダス文書館 」「毎日新聞毎日Newsパック 」でも、PISA調査の結果は日本の順位のみ。

3.当館OPACで著者名に「経済協力開発機構」をいれ、出版年「2007-2008」で検索
  →「OECDファクトブック 2007年版」 (2008年2月刊、当館書誌ID:0011594777、ISBN:978-4-7503-2723-5)を確認するも、PISA調査の結果の掲載なし。
    2003年のPISA調査の結果が「OECDファクトブック 2005年版」 (2006年1月刊、当館書誌ID:0011136267、ISBN 4-88538-707-8)に掲載されているので、2006年度PISA調査の結果は、OECDファクトブック 2008年版に掲載されると思われる。
 
   再び、当館OPACでフリーワードに 「PISA」「調査」を、出版年「2007-2008」を設定し絞込み検索
   『生きるための知識と技能3 -OECD生徒の学習到達度調査(PISA) :調査国際結果報告書 2006年-』( ぎょうせい) 2007.12刊行がヒット

4.OECD東京センターのホームページを閲覧→テーマ別情報>教育>学習到達度調査(PISA調査)の項を見る。
  OECD本部ホームページ(英語)の英語資料紹介ページへのリンク。主要統計>経済・環境・社会統計-OECD Factbook2008を閲覧。
  英語版の「OECD Factbook2008」が公開。PISA調査の統計あり
  (英語表記: http://puck.sourceoecd.org/vl=3417736/cl=11/nw=1/rpsv/factbook/090101.htm

5.ホームページ「電子政府の総合窓口」の「全府省を調べる」を「PISA調査×結果」で検索
  → 「教育課程部会事務局からのお知らせ―OECD生徒の学習到達度調査(PISA2006)の結果についてのお知らせ―(2007年12月5日)」に、2006年度PISA調査結果・要約あり
    ( http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/gakuryoku-chousa/sonota/071205/001.pdf
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
教育課程.学習指導.教科別教育  (375 9版)
参考資料
(Reference materials)
・生きるための知識と技能 -OECD生徒の学習到達度調査(PISA) :調査国際結果報告書  2006年-』 国立教育政策研究所/編  ぎょうせい 2007.12 ISBN:978-4-324-90001-7 <当館書誌ID:0011548517>
・当館資料「OECDファクトブック 2007年版」 (2008年2月刊、当館書誌ID:0011594777、ISBN:978-4-7503-2723-5)
「OECDファクトブック 2005年版」 (2006年1月刊、当館書誌ID:0011136267、ISBN 4-88538-707-8)
・OECD東京センターHPより「OECD Factbook2008」
(英語表記:http://puck.sourceoecd.org/vl=3417736/cl=11/nw=1/rpsv/factbook/090101.htm)
・ホームページ「電子政府の総合窓口」の「全府省を調べる」検索結果より 「教育課程部会事務局からのお知らせ―OECD生徒の学習到達度調査(PISA2006)の結果についてのお知らせ―(2007年12月5日)」( http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/gakuryoku-chousa/sonota/071205/001.pdf
キーワード
(Keywords)
PISA調査
学習到達度調査
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
大阪市立図書館多機能OMLISでは、2011年4月より商用データベース「毎日Newsパック」に代えて「毎索」(マイサク)(毎日新聞記事)を提供。

当館事例「3年ごとに実施されている、15歳生徒の国際学力テストに関する資料はあるか。また、文部科学省の資料を探している。 」 http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000107010 もご参照ください。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
統計
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000049104解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!