このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000048863
提供館
(Library)
岡崎市立中央図書館 (2310043)管理番号
(Control number)
岡崎図-256
事例作成日
(Creation date)
2008年11月11日登録日時
(Registration date)
2008年11月11日 15時52分更新日時
(Last update)
2016年11月27日 19時30分
質問
(Question)
外国の国名を漢字でどのように表記するかを知りたい。
回答
(Answer)
【資料1】【資料2】に五十音順に排列されている。
【資料3】当て字全般を五十音順で調べられるが、国名一覧はない。
【資料4】p.260-261「外国名の宛字」として地図上に表記されている。
【資料5】p.1457-1458「外国地名の漢字表記一覧」あり。五十音順。
【資料6】p.283-288 外国の国名・地名の当て字が五十音順で紹介されている。貸出可。
【資料7】p.185-188「海外地名・国名編」として、位置の説明とともに五十音順で載っている。貸出可。
【資料8】p.118-125 外国地名が位置の説明とともに五十音順で載っている。貸出可。
回答プロセス
(Answering process)
【資料1】【資料2】を紹介。(複本で貸出可あり)
貸出できるものということであれば、【資料6】~【資料8】も良いかと思います。

個別で調べるのであれば、データベースのジャパンナレッジでもわかりそうです。
インターネットの漢字辞典のサイトでも調べられるようです。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
辞典  (813)
参考資料
(Reference materials)
『当て字の辞典』東京堂出版編集部/編、東京堂出版、1991、811/ア(【資料1】)
『宛字書きかた辞典』有沢 玲/編、柏書房、2000、813.7/ア(【資料2】)
『当て字・当て読み漢字表現辞典』笹原 宏之/編、三省堂、2010、参811.2/ア(【資料3】)
『「宛字」の語源辞典』杉本 つとむ/著、日本実業出版社、1987、参811.2/ア(【資料4】)
『大修館漢語新辞典』鎌田 正/著、米山 寅太郎/著、大修館書店、2001、参813.2/タ(【資料5】)
『日本語漢字力がつく辞典』村石 利夫/著、東京堂出版、2003、811.2/ニ(【資料6】)
『ウソ読みで引ける難読語辞典』篠崎 晃一/監修、玄冬書林/編著、小学館、2006、811.2/ウ(【資料7】)
『ウソ読みで引ける難読地名』篠崎 晃一/監修、小学館辞典編集部/編、小学館、2008、G291.0/ウ(【資料8】)
キーワード
(Keywords)
当て字
宛字
外国名
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000048863解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決