このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000048197
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-2C-200712-10
事例作成日
(Creation date)
2007/12/26登録日時
(Registration date)
2008年10月18日 02時29分更新日時
(Last update)
2008年11月19日 15時53分
質問
(Question)
紀州から江戸までの参勤交代にかかった日数と、参勤交代時に通った街道が知りたい。
回答
(Answer)
◆街道について
『藩史大事典 第5巻近畿編』p.322 和歌山藩(別称:紀州藩)の章の「参勤交代・藩主参勤道」の項に、以下の道中の地名の記載あり。
①和歌山-五条-松坂(大口浦)-宮(尾張)-東海道
②和歌山-山口-雄ノ山峠-山中-信達ー貝塚-大坂-枚方-伏見-京都-東海道
   出典(『南紀徳川史』)

『日本の街道ハンドブック』(三省堂)で、上記地名より、街道名を調べたところ、
①大和街道‐伊勢街道‐(松坂~宮は船旅)‐東海道 
②紀州往還(紀州街道)‐京街道(大坂街道)‐東海道 と分かる。

『街道の日本史 33』(吉川弘文館)のp33に、「紀州藩が紀州街道を使い参勤交代したのは、元禄十四年からで、それ以前は、伊勢路を使用していた。元禄初年、紀州街道沿いの村々は、街道整備に向け絵着々と準備・・・・主街道は熊野街道であったことがわかる。」とに記述あり。

『駒沢大学文学部研究紀要』(当館所蔵なしだが、Google Bookで確認)によると、
「・・参勤交代には上方街道を大坂に出るか,伊勢街道を勢に出るかした・・」とある。

◆日数について
『調べ学習にやくだつくらしの歴史図鑑4 交通通信の歴史』p.28に、「江戸から京都までの片道の日数」という表が掲載、
その中に、「大名行列」として「1日に行ける距離 約40~43km、かかる日数 約12日」とあり。

『日本の歴史 18』(児玉 幸多著 小学館)のp.178に、「和歌山の徳川家では天保二年の総収入が三十四万三一二○両で合ったのに対して、在府費が二万一二五0両、江戸・和歌山間の旅費が一万二九三○両であった。歳入の約一割が参勤のための費用であるが、二○日間ほどの旅費の占める割合がきわめて大きく、」とあり。
江戸・和歌山間が約20日かかったことがわかる。
回答プロセス
(Answering process)
1.「藩史大事典 第5巻近畿編」p.322 和歌山藩(別称:紀州藩)の章の「参勤交代・藩主参勤道」の項に、以下の道中の地名の記載あり。
   ・和歌山-五条-松坂(大口浦)-宮(尾張)-東海道
   ・和歌山-山口-雄ノ山峠-山中-信達ー貝塚-大坂-枚方-伏見-京都-東海道    出典(『南紀徳川史』)

2.『日本の街道ハンドブック』(三省堂 2006)で街道名を調べたところ、
   ①大和街道‐伊勢街道‐(松坂~宮は船旅)‐東海道 
   ②紀州往還(紀州街道)‐京街道(大坂街道)‐東海道 と分かる。

3.google book で、”紀州藩”×”参勤交代”で検索しヒットした文献のなかから、当館所蔵の『街道の日本史 33』(吉川弘文館)のp33を確認するも、
   「紀州藩が紀州街道を使い参勤交代したのは、元禄十四年からで、それ以前は、伊勢路を使用していた。
   元禄初年、紀州街道沿いの村々は、街道整備に向け絵着々と準備・・・・主街道は熊野街道であったことがわかる。」

4.また、同様にgoogle book でヒットした文献「駒沢大学文学部研究紀要」(当館所蔵なし)によると、
  「参勤交代には上方街道を大坂に出るか,伊勢街道を伊勢に出るかした」とある。

5・「調べ学習にやくだつくらしの歴史図鑑4 交通通信の歴史」p.28に、
   「江戸から京都までの片道の日数」という表が掲載されている。
   その中に、「大名行列」として「1日に行ける距離 約40~43km、かかる日数 約12日」とあり。

6.児玉 幸多・著「日本の歴史 18」のp.178に、
   「和歌山の徳川家では天保二年の総収入が三十四万三一二○両で合ったのに対して、在府費が二万一二五0両、
   江戸・和歌山間の旅費が一万二九三○両であった。歳入の約一割が参勤のための費用であるが、二○日間ほどの旅費の占める割合が
   きわめて大きく、」とあり。
   江戸・和歌山間が約20日かかったことがわかる。

 以上をお答えする。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
「藩史大事典 第5巻」雄山閣,2002年(当館資料ID:0010350609)ISBN 4-639-00849-X
「調べ学習にやくだつくらしの歴史図鑑 4」ポプラ社,1994年(当館資料ID:0000386414)ISBN 4-591-04546-3
「図説和歌山県の歴史 」河出書房新社,1988年(当館書誌ID:0000353145)ISBN 4-309-61130-3
「日本の歴史 18 大名」小学館,1977年(当館書誌ID:0000164002)
「紀州史研究 1」国書刊行会,1985年(当館書誌ID:0000362394)
「街道の日本史 33」 吉川弘文館,2006年(当館書誌ID:0011233779)ISBN 4-642-06233-5
「紀州藩の政治と社会」清文堂出版,2002年(当館書誌ID:0010375398)ISBN 4-7924-0526-2
「しらべ学習に役立つ日本の歴史 9」小峰書店,1995年(当館書誌ID:0000453649)ISBN 4-338-12209-9
「参勤交代年表 中 柳沢史料集成 第7巻」柳沢文庫保存会,1998年(当館書誌ID:0000712038)
「参勤交代年表 下 柳沢史料集成 第8巻」柳沢文庫保存会,1999年(当館書誌ID:0000834815)
「参勤交代年表 続 柳沢史料集成 第9巻」柳沢文庫保存会,2002年(当館書誌ID:0010371212)
キーワード
(Keywords)
紀州
街道
参勤交代
大名行列
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000048197解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!