このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000048163
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M08022017464898
事例作成日
(Creation date)
2007/12/12登録日時
(Registration date)
2008年10月18日 02時16分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
『岡山今昔物語』(研文館吉田書店)に「古(いにしへ)の人の食をさせる吉備の酒、病めば、すべなし、貫簀たばらむ。」という歌が万葉集に収められていると述べられている。どのような歌なのか。
回答
(Answer)
『新日本古典文学大系 別巻[5]』(岩波書店)の「万葉集索引」から「いにしへの~」を初句とする歌の該当がない一方、初句「ふるひとの~」でみると、万葉集の「巻第四」554に「古人乃 令食有 吉備能酒 病者為便無 貫簀賜牟」という歌が確認できる。『万葉集全注 巻第4』(有斐閣)では、この歌を「古人の飲へしめたる吉備の酒病まばすべなし貫簀賜らむ」と読み下し、「ご老人が送ってくださった吉備の酒も悪酔したら困ります。貫簀も頂きとうございます」とその歌意が述べられている。他に『新日本古典文学大系1』(岩波書店)には「昔の人が飲ませて下さった吉備の酒。飲み過ぎて悪酔いしたら苦しいです。竹の敷物を下さい」、『万葉集全歌講義2』(笠間書院)では「なじみのお方が送って下さった、せっかくの吉備のお酒ですが、飲んで気分が悪くなったら困ります。貫簀もいただきたいものです」とそれぞれ歌意の説明がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 9版)
参考資料
(Reference materials)
『新日本古典文学大系 別巻[5]』.東京,岩波書店,2004,555p.参照はp.334.  木下正俊.『万葉集全注 巻第4』.東京,有斐閣,1983,436p.参照はpp.160-161.  『新日本古典文学大系1』.東京,岩波書店,1999,530,40p.参照はp.354.  阿蘇瑞枝.『万葉集全歌講義2』,東京,笠間書院,2006,811p.参照はpp.546-547.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2008022017404564898
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢, 高校生, 中学生
登録番号
(Registration number)
1000048163解決/未解決
(Resolved / Unresolved)