このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000047785
提供館
(Library)
京都府立京都学・歴彩館 (2110022)管理番号
(Control number)
京資-046
事例作成日
(Creation date)
2007/6/3登録日時
(Registration date)
2008年10月04日 02時11分更新日時
(Last update)
2011年12月01日 13時51分
質問
(Question)
吉田了意という人物が、水運をひらいたかどうか知りたい。また、京都の川船の呼び名を知りたい。
回答
(Answer)
『日本人名大事典』『国史大事典』によると、吉田了意とは角倉了以(天文23(1554)年~慶長19(1614)年)のことで、朱印船貿易で活躍した豪商、京都の大堰川(保津川)や高瀬川の水運をひらき、京都以外では富士川、天竜川の開削を行なった。

また、『京都高瀬川』『川船』によると、京都では高瀬川を就航する川船のことを「高瀬船」と呼び、森鴎外の小説『高瀬舟』にも登場する。高瀬川の名称は、了以がひらいた川に高瀬船が航行したことに由来する。なお、高瀬とは川の浅瀬のことで、高瀬船とは、浅瀬を運航するため船底を平たく浅くした小型船で、船首が高く船体の幅が広い舟のことで、大堰川の川船も高瀬船であるとされる。
*資料により「船」「舟」の記述があるが、固有名詞を除き「船」に統一した。
回答プロセス
(Answering process)
1.『日本人名大事典』『国史大事典』『京都高瀬川 角倉了以・素案の遺産』などを調べた。

2.京都府立総合資料館・京都府立図書館の蔵書検索システムで、キーワード「高瀬川」「角倉」などを検索した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
『京都高瀬川 角倉了以・素案の遺産』 石田孝喜著 思文閣出版 2005 267p (当館請求記号K1/517.6/I72)
『川船 大堰川の舟運と船大工』 亀岡市文化資料館編刊 2007 47p (当館請求記号K1.8/684.02/Ka35)
『角倉了以とその子』 林屋辰三郎著 星野書店 1944 201p (当館請求記号K1/289.1/Su63)
キーワード
(Keywords)
吉田了以
角倉了以
高瀬川
高瀬舟
川船
大堰川
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000047785解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!