このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000046158
提供館
(Library)
栃木県立図書館 (2110002)管理番号
(Control number)
r071
事例作成日
(Creation date)
2008/04/10登録日時
(Registration date)
2008年07月30日 02時11分更新日時
(Last update)
2011年06月17日 18時06分
質問
(Question)
「夏の七草」があると聞いたのだが、どのようなものか。
回答
(Answer)
春の七草,秋の七草ほど有名ではありませんが、確かに「夏の七草」が存在します。
 いくつかのパターンがあり、当館で確実に由来まで確認できたものは次のものです。
  1.アカザ
  2.イノコズチ
  3.ヒユ
  4.スベリヒユ
  5.シロツメクサ
  6.ヒメジョオン
  7.ツユクサ
 これは第二次世界大戦中、日本学術振興会学術部・野生植物活用研究小委員会が選定した夏の七草です。
 選定の由来について、『私の植物散歩』(木村陽二郎/著 筑摩書房 1987)には次の記載があります。(p77)
「(前略)第二次世界大戦も終わりに近づいた昭和二十年六月二十日発行の『週報』(四四七・八号)に「新選・夏の七草」というタイトルで、はじめて夏の七草が発表されている。(中略)
 「夏の七草」というのも風流なものではなく、アカザ、イノコズチ、ヒユ、スベリヒユ、シロツメクサ、ヒメジョオン、ツユクサといった、焼跡にもたくましく生える
食べられる植物があげられていて、とても現在はやりの山菜などという楽しいものではない。
 食糧が極度に不足し、空襲の合間を縫っては食物の買い出しに苦労していた頃である。(後略)」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
風俗習慣.民俗学.民族学  (380 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
夏の七草
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000046158解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!