このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000045530
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2007-062
事例作成日
(Creation date)
2007/11/09登録日時
(Registration date)
2008年07月04日 02時11分更新日時
(Last update)
2008年07月23日 14時52分
質問
(Question)
「たなばた」という織機について調べたい。
回答
(Answer)
所蔵する織物関係資料にあたったところ、以下2点の資料に織機としての「棚機(たなばた)」について記述があり、いずれも5~6世紀に中国から導入された絹織物用の織機である「高機(たかばた)」の日本での別名ではないかとされている。ただし古代のことであり、明確な根拠は示されていない。

『織物の日本史』
p43[二(二)織機の導入と帰化人技術者 より]
「呉織・漢織はともに呉からきた綾織の技術者…当然のこととして、織機も導入されたものと考えなければならない。…やがて日本でも制作されるようになったと思われる。棚機(たなばた)というのはこのものをさしたのではなかったろうか」
p45「『万葉集』にこういう歌がある。棚機の五百機立てて織る布の、秋さり衣、誰が取り見む(巻10、2034) 五世紀後半に導入された棚機は八世紀では「五百機立て」とあるように、日本でも制作されて普及し、…」

『図説手織機の研究 続(日本編)』p123「第四章 傾斜高機」より
「高機は絹布、綾帛を織る機の名也。神代には棚機という是なり、…」(出典:「奈良曝布古今俚諺集」 1748年刊)

「高機(たかばた)」については、『世界大百科事典』『日本大百科全書』〈高機〉〈織機〉、『日本史大事典』(平凡社)『国史大辞典』(吉川弘文館)〈高機〉の項目に、歴史や種類などが簡単にまとめられている。
 
また以下の織物関係の資料には、各時代・地域で使用された高機について解説・写真などが掲載されている。
『弥生の布を織る』p48-52 高機・空引機(高機の一種)の説明(図を含む)あり。
『講座・日本技術の社会史 3 紡織』p284-「日本の織機」の項に高機の説明・図あり。
『日本機業史』p20-48 「第一編 織機の歴史 第三章 高機における技術的発展とその普及」
『久米島紬』p85-87に沖縄で使用されている高機のカラー写真あり。
回答プロセス
(Answering process)
辞典類およびNDC分類〈586〉(織物関係)の所蔵資料を中心に調査した。
質問内容が具体的でなかったため、民俗関係や歴史関係資料までは調査範囲を広げなかった。

ほかに《NDL-OPAC(雑索》《MAGAZINEPLUS》を〈棚機〉で検索し、次の資料がヒットしたが、内容は未確認。
嶋崎昭典「シルク豆辞典 (8)七夕 (3)日本の棚機」(「シルク情報」 農畜産業振興機構89[2007.8])p29-31[国立国会図書館所蔵]

事前調査事項
(Preliminary research)
「世界大百科事典」〈織機〉「日本大百科全書」〈漢機・呉機あやはとり くれはとり〉「日本民俗大辞典」(吉川弘文館 2000)「日本民俗資料事典」「総合服飾史事典」(雄山閣 1980)など
NDC
繊維工学  (586 9版)
参考資料
(Reference materials)
『織物の日本史』(遠藤元男 日本放送出版協会 1971)
『図説手織機の研究 続(日本編)』(前田亮 京都書院 1996)
『弥生の布を織る』(竹内晶子 東京大学出版会 1989)
『講座・日本技術の社会史 3 紡織』(日本評論社 1983)
『日本機業史』(三瓶孝子 雄山閣 1961)
『久米島紬』(源流社 2006)
キーワード
(Keywords)
織機
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000045530解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!