このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000045518
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2007-109
事例作成日
(Creation date)
2007/12/05登録日時
(Registration date)
2008年07月04日 02時11分更新日時
(Last update)
2008年08月08日 15時07分
質問
(Question)
昭和38年(1963)頃、高田の水稲荷(みずいなり)の塚を移転した際、工事にあたった現場の職人や早稲田大学の教授が死亡した「日本のツタンカーメン」というような記事が雑誌(ゴシップ誌)に載った記憶がある。その雑誌名が分かれば教えてほしい。キーワードは〈高田富士〉〈早稲田大学〉〈水稲荷〉。
回答
(Answer)
該当する雑誌は判明せず。
〈昭和39年隣接する早稲田大学が水稲荷社地を買収し、新校舎を構築するために高田富士を取り壊した〉ことは下記資料で確認できるが、関係者の死亡記事に関する記述は見つからなかった。

以下、参考になる資料を紹介する。
①『早稲田大学百年史 総索引年表』(早稲田大学出版部 1977)
 「索引」に〈水稲荷神社〉第1・5巻とあり、「年表」p310に「昭和38年4.13に水稲荷神社所有地2064坪登記完  了」との記述がある。
②『早稲田大学百年史 1』
 p423-424〈早稲田の社〉に「高田富士で有名な水稲荷から戸塚にかけて・・・」とあるが、該当記述は掲載なし。
③『早稲田大学百年史 5』
 p196-209「創立80周年記念事業と本部キャンパスの整備」の項
 p200-209に、昭和42年11月9日法商研究室棟が水稲荷神社跡地に着工とあり、また〈水稲荷神社と甘泉園  土地交換に関する件〉は水稲荷神社の氏子間に誤解を与えるなどの問題が生じた・・とあるが、該当記事に関す る記述なし。
④『富士講の歴史 江戸庶民の山岳信仰』(岩科小一郎 名著出版 1973)
 p268-273「富士塚」の項。「昭和39年隣接する早稲田大学が水稲荷社地を買収し、新校舎を構築するために  高田富士を取り壊し藤四郎の墓も移され・・・ 富士塚第1号は姿を消した・・・」と記述ある。
⑤雑誌『富士山文化研究(富士信仰研究) 第6号(2005.7.16)』
 p76-91「鳩ヶ谷宛 岩科小一郎先生書幹再読翰 その4」が収録されているが、該当記述なし。
⑥雑誌『歴史と旅 200.3.10増刊』
 p311に富士塚に関する記述があるが、該当記事はない。
⑦『評釈江戸文学叢書 8 洒落本草双紙集』(講談社)
 高田富士造成の様子が描かれているが、関係記述はなし。
回答プロセス
(Answering process)
質問者からのキーワード〈高田冨士〉〈早稲田大学〉〈水稲荷〉で資料を調べるが、雑誌記事に関する記述は見つからず。
『大宅壮一文庫雑誌記事索引総目録』等を探すが、該当記事は見つからなかった。《MAGAZINEPLUS》でいくつかヒットするが該当記事ではない。
早稲田大学の資料で、移転についての経緯は確認できたが、質問に関する記述は見あたらない。
その他、事件史や因縁、たたりなどに関する資料を探索するが、記事は見つからない。

なおインターネット情報に以下のようにあるが、資料による裏付けはできなかった。
《富士講アーカイブ》
「研究家の岩科小一郎氏は、移転後建った早稲田大学校舎を使う商学部の先生や神社・工事の関係者が相次いで死んだ・・・」
《高田富士》のWebサイト
「昭和39年、早大が水稲荷社の土地を買収し、新校舎建設のために由緒あるこの塚を破却し現在の地に移した。独断で売却を決めた宮司はその直後病を得て亡くなった」と記述あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
民間信仰.迷信[俗信]  (387 9版)
神社.神職  (175 9版)
特種目録  (027 9版)
参考資料
(Reference materials)
『早稲田大学百年史 総索引年表』(早稲田大学出版部 1977)
『早稲田大学百年史 1』
『早稲田大学百年史 5』
『富士講の歴史 江戸庶民の山岳信仰』(岩科小一郎 名著出版)
『富士山文化研究(富士信仰研究) 第6号 (2005.7.16)』
『歴史と旅 200.3.10増刊』(秋田書店)
『評釈江戸文学叢書 8 洒落本草双紙集』(講談社)
キーワード
(Keywords)
山岳崇拝-冨士講
神社-稲荷神社
雑誌記事索引
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
その他
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000045518解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!