このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000044560
提供館
(Library)
大阪府立中央図書館 (2120005)管理番号
(Control number)
OSPR08050001
事例作成日
(Creation date)
2008年05月16日登録日時
(Registration date)
2008年06月05日 02時10分更新日時
(Last update)
2008年08月26日 10時57分
質問
(Question)
キャッシュカードはいつ頃からどこで始まったのか、外国と日本の両方について知りたい。
回答
(Answer)
『銀行ATMの歴史』p.24-25によりますと、1967年に紙製の小切手スタイルのカードによるCD(キャッシュディスペンサー)が英国のバークレーズ銀行のロンドン近くの支店に世界で始めて設置されたとあります。
1970年に日本でも同型のものが三井銀行の東京数寄屋橋支店に設置されたようです。
磁気カード式のものでは、1968年に米国ニューヨークのケミカル銀行に設置されたとありますが、世界初かどうは不明です。
同書p.28によりますと、日本で磁気ストライプ付のプラスティックカードを利用したCDの導入は、1969年住友銀行新宿支店と梅田支店が最初とあります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
金融.銀行.信託  (338 8版)
参考資料
(Reference materials)
『銀行ATMの歴史』(根本忠明著 日本経済評論社 2008)(ページ:24-25,28) (資料番号:1115693804,請求記号:338.5/495N)
キーワード
(Keywords)
キャッシュカード
銀行
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
ビジネス
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000044560解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!