このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000043218
提供館
(Library)
秋田県立図書館 (2110003)管理番号
(Control number)
秋田-0924
事例作成日
(Creation date)
2008/03/31登録日時
(Registration date)
2008年04月02日 02時11分更新日時
(Last update)
2010年06月16日 18時19分
質問
(Question)
1947年、戦後最初の選挙で日本初の女性村長となった4人のうちの1人、仙北郡中川村の沢口フク氏について、経歴、立候補の経緯、在任期間等を知りたい。また、沢口氏の後任も女性村長か。
回答
(Answer)
仙北郡中川村(現・仙北市)の元村長、沢口フク氏の経歴等については、『秋田人名大事典(第2版)』秋田魁新報社発行 2000(請求記号280/アア/郷)に以下の事柄が記載されており、参照されるのによいと思われる。
・生没 明治19年8月25日~昭和47年12月24日
・荒川村(協和町)生まれ。秋田女子師範卒後、日本音楽学校へ
・明治44年 後の中川村村長沢口朝治と結婚。
・昭和22年4月 公職追放の夫に代り村長選に出馬、当選。
・県議選仙北郡選挙区にも出馬し、トップ当選を果たした。
・村長は1期4年で退き、県議は昭和34年まで3期12年務めた。
・県議時代は未亡人対策、二、三男対策、女性の人権等について発言した。
・県地域婦人団体連絡協議会設立、また県婦人会館の建設に尽力した。
また、『角館誌』第6巻昭和時代・角館歴史年表編1975(請求記号214.7/カカ/6郷)p.20にも沢口氏の経歴が記載されている。
同書によれば、沢口フク氏の後の村長は黒沢十兵衛氏(昭和26年4月23日当選、昭和30年3月30日合併解任)となっており、黒沢氏は、昭和7年6月30日~昭和11年7月10日にも中川村の村長を務めている。沢口フク氏の在職期間は昭和22年4月9日当選、昭和26年3月26日退任となっている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
『婦人年鑑 昭和24年版』日本婦人新聞社
NDC
個人伝記  (289 8版)
参考資料
(Reference materials)
『秋田人名大事典(第2版)』秋田魁新報社発行 2000
『角館誌』第6巻昭和時代・角館歴史年表編 1975
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000043218解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!