このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000043148
提供館
(Library)
愛知芸術文化センター愛知県図書館 (2110019)管理番号
(Control number)
愛知県図-00159
事例作成日
(Creation date)
2008/03/18登録日時
(Registration date)
2008年03月31日 02時12分更新日時
(Last update)
2008年03月31日 02時12分
質問
(Question)
『未刊 名古屋小説集 中』(文化財叢書40号) 【資料1】に載っている「駅客娼穿(えきかくしょうせん)」の作者摸釈舎について詳しく知りたい。
回答
(Answer)
【資料2】に駅客娼穿の項目がありました。その中に、本書が大惣の貸本用写本として成立したとありますので、【資料3】にあたるとp428に【資料4】に翻刻、 解題があることがわかりましたが、【資料4】には摸釈舎については書かれていません。 【資料5】p51には、「作者摸釈舎については実名はわからぬものの、原雅子氏『写本読本『掃竒草』について』(「読本研究」第二輯上套)によって、文化二年四月までに温冷舎漁径と改号していること、漁径の名で『掃竒草』と文化二年四月序の洒落本『極蕩三閣巻』を著していることが明らかにされた。(改号は両洒落本成立の間ということになる)。また前掲長友氏稿によって、摸釈舎は十露盤里鶏、邦幾千里景、里桂、暁告八声舎とも称し、早く寛政十三年に『養子鉢木』の作があることも知られる」と書いてあります。
また【資料6】に長友千代治著「貸本屋大惣の文壇」という関連論文があり、p139に「著者の摸釈舎は十露盤里鶏である」と書いてあります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本文学  (910 9版)
参考資料
(Reference materials)
資料1:文化財叢書 自第31号至第40号 名古屋市教育委員会 1973.10  ( 1101554616)

資料2:日本古典文学大辞典 第1巻 日本古典文学大辞典編集委員会編 岩波書店 1983.10 あ‐かほ  ( 1101359980)

資料3:京都大学蔵大惣本稀書集成 第14巻 京都大学文学部国語学国文学研究室編 臨川書店 1996.1 名古屋戯作  ( 1106990591)

資料4:洒落本大成 第23巻 洒落本大成編集委員会編 中央公論社 1985.6  ( 1102586033)

資料5:名古屋洒落本作者とその周辺--狂歌壇的背景を中心に (洒落本研究<特集>) / 石川 了 国語と国文学. 66(11) [1989.11] p43~54  (Z/910/コ2/)

資料6:日本書誌学大系 52 青裳堂書店 1987 近世の読書 長友千代治著  ( 1102984003)
キーワード
(Keywords)
摸釈舎
十露盤里鶏
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000043148解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決