このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000042523
提供館
(Library)
兵庫県立図書館 (2110027)管理番号
(Control number)
兵図00050
事例作成日
(Creation date)
2006/8/登録日時
(Registration date)
2008年03月16日 02時10分更新日時
(Last update)
2013年01月21日 17時22分
質問
(Question)
『兵範記』の解説・(口語)訳について
回答
(Answer)
①『史料大成 第18~22巻(増補)』(臨川書店/1965)は『兵範記』の古写本に校訂を加え、流布本を以て欠けた
 ところを補ったもの。第18巻には前付けの p1-7に「兵範記解題」の記述あり。 
②『冷泉家時雨亭叢書 第61巻 古記録集』(朝日新聞社/1999.4)は p391-418に影印本、〔巻末の〕 p59-62に
 解題あり。
口語訳は見当たらず
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
①『摂関制の成立と展開』(米田雄介著/吉川弘文館/2006.2) p286-294「第1章 『兵範記』と近衛基?」の章に
 『兵範記』分割の経緯・基準等の記述あり。
②「研究余録 武田科学振興財団杏雨書屋所蔵『兵範記』について」石田 実洋著( 「日本歴史」吉川弘文館
  (通号676) [2004.9] p71-84)
③「陽明文庫所蔵「兵範記」断簡所見日食記事とその年次(研究余録) 」今江広道著(「日本歴史」吉川弘文館
 (通号 564) [1995.05] p86-89)
④「「愚管抄」「兵範記」「百錬抄」の合戦記述--2つの市街戦をめぐって (「軍語り」の世界--あらたなる軍記もの
 へのアプローチ<特集>) -- (完成期の軍記物) 」/松尾 葦江 著(「国文学 : 解釈と鑑賞」至文堂 53(13)
 [1988.12] p66-70)
⑤「兵範記と近衛基熈」/米田 雄介 著(「日本歴史」吉川弘文館 (通号 433) [1984.06] p76-80),「保元の乱と
 兵範記 (「男」たちの世紀--平家物語前後<特集>) -- (戦乱と表現の諸相--文学史の落丁を追って)」/長谷川
  端 著(「國文學 : 解釈と教材の研究」學燈社 21(11) [1976.09] p132-133)
キーワード
(Keywords)
兵範記
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000042523解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!