このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000042305
提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
8215
事例作成日
(Creation date)
2008.3.7登録日時
(Registration date)
2008年03月07日 13時59分更新日時
(Last update)
2014年04月28日 10時53分
質問
(Question)
著色、着色との違いについて知りたい。
回答
(Answer)
1 「図解日本画用語事典」(東京藝術大学大学院文化財保存学日本画研究室/編
  平山郁夫/〔ほか〕監修 東京美術 2007年発行)
  p105 著色の項
  「彩色すること。設色、傳色、施色、賦彩などともいう。着色とも書く。
  国の指定文化財の記述は著色の字を用いるが、それ以外の作品に
  ついては著色、着色どちらでも用いる。基底材によって、紙の場合は紙本著色、
  絹の場合は絹本著色という。」

2 「和英対照日本美術用語辞典」(和英対照日本美術用語辞典編集委員会/編集
  東京美術 1990年発行)
  419p ちゃくしょくの項
  「著色(着色)東洋画において色彩が施されていること。
  絹本著色とか紙本著色とかいうように使われる。「彩色」ともいう。
  著色というと「著しい色」という意味になり、濃彩色と同じ意味で使われるときもある。」

3「新潮日本語漢字辞典」(新潮社/編 新潮社 2007年発行)
  著色、着色、同じ説明。
  「物に色をつけること。彩色。また、その色。」
 
回答プロセス
(Answering process)
美術関係の用語集や一般的な国語辞典を調査した。
1の資料には、特に「国の指定文化財の記述は著色の字を用いるが、それ以外の作品については著色、着色どちらでも用いる。」
との定義があった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本画  (721 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
著色
着色
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000042305解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter








新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ