このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000041888
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-3A-200703-04
事例作成日
(Creation date)
2007年03月01日登録日時
(Registration date)
2008年02月17日 02時10分更新日時
(Last update)
2014年10月01日 00時30分
質問
(Question)
日本一低い山・天保山 (てんぽうざん)について
回答
(Answer)
『みなと今と昔』(大阪市港区役所区民室,1993.5)によれば、天保山は「天保2年……安治川の浚渫(しゅんせつ)が行われ、……この時、浚渫の土砂を積み上げて安治川河口部に長さ約200mの防波堤が築かれ、天保山と呼ばれた。当時の規模は高さ約20m、長径約200mほどであり、亀甲状の形態を示すものであった」(p.19)とのことです。
『大阪の大疑問』(扶桑社,1998.6)p.262によれば、幕末には黒船が来航し見物人が押しかけたとのことです。
今では高さ4.53メートルの三角点があるだけですが、「日本一の低山」として『なるほど知図帳日本の山』 (昭文社,2006)p.99にも紹介されており、港区の名所のひとつとなっています。
回答プロセス
(Answering process)
当館所蔵資料を調査。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
当館書誌ID <0011134902>  なるほど知図帳日本の山(山と高原地図PLUS)  昭文社 2006 4-398-20025-8
『みなと今と昔』 大阪市港区役所区民室 1993年<当館書誌ID:0000310181>
『大阪の大疑問』先崎仁・前垣和義 共編著 扶桑社 1998年<当館書誌ID:000068107>
キーワード
(Keywords)
天保山
大阪府大阪市港区
安治川
てんぽうざん
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
天保山大阪市港区、安治川(あじがわ)河口の小丘。天保年間(1830~1844)に安治川改修の泥上げでできたもの。江戸時代は、目印山(めじるしやま)と称した。(『大辞泉』【天保山】の項目より)大阪市立図書館webギャラリー「天保山に遊ぶ」で、「天保山名所図会」の画像等をご紹介しています。 http://image.oml.city.osaka.lg.jp/image/themes/theme769.html  (2008.12.18確認) 2010年5月1日から5月31日まで大阪市立図書館サイトトップで、 「天保山より築港を望む」 (『大阪名所 』(長野 利助/画作 長野利助 1900)<当館書誌ID:0000466009>をご紹介しました。 画像は、大阪市立図書館デジタルアーカイブ( http://image.oml.city.osaka.lg.jp/archive/ )で公開しています。 簡易検索画面で“大阪名所”と検索しご参照ください。 (2014.9.30確認)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000041888解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!