このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000041885
提供館
(Library)
狭山市立中央図書館 (2310041)管理番号
(Control number)
狭山市立図-中央-2008-1
事例作成日
(Creation date)
2008年02月16日登録日時
(Registration date)
2008年02月16日 19時36分更新日時
(Last update)
2009年03月25日 15時54分
質問
(Question)
なぞかけ(何々とかけて、何々と解く、その心は何々)の具体例が載っている本が見たい。
回答
(Answer)
『日本のなぞなぞ』(岩波ジュニア新書)p137~164に「三段なぞ」という表現でいくつかの具体例が記述されている。『お笑い!大喜利』の1~3巻にもあり。『ことば遊び辞典』p187~357にも多くの例がある。『図説ことばあそび遊辞苑』p209~210にもいくつかの事例あり。
『ことば遊び』p69~76、『ことば遊びの世界』p82~86、『ことば遊びの文学史』p147~186にもいくつか記述あり。
『「とんち教室」の時代』にも事例が挙げられている。
回答プロセス
(Answering process)
『どの本で調べるか 5 中学校版』でなぞかけ、を調べるが、なぞなぞ、の項目しかない。なぞなぞ、の項目で紹介されていた『日本のなぞなぞ』(岩波ジュニア新書)のサブタイトルが「万葉から江戸時代まで」となっていたので、あたりをつけて確認すると、p137~164に「三段なぞ」という表現でいくつかの具体例が記述されていた。
件名「言語遊戯」「ことば遊び」で蔵書検索してみた中で、『ことば遊び』p69~76その他にもいくつか記述を見つけた。『お笑い!大喜利』も同様の件名の検索の中で見つかった。辞典では『ことば遊び辞典』が多くの例を載せている。
『なぞかけ傑作集』 三遊亭 遊朝〔ほか〕著 大泉書店 1979 にも記述があると思われるが、未所蔵のため確認できず。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
言語  (8 9版)
その他の室内娯楽  (798 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本のなぞなぞ』 鈴木棠三 岩波書店 1986 (J798ス)
『ことば遊び』 鶴田洋子 誠文堂新光社 1988 (807.9ツ)
『どの本で調べるか 5』 図書館資料研究会 リブリオ出版 1997 (RJ 028 ド 5)
『お笑い!大喜利』 1~3 高村忠範 汐文社 2006(J807タ) (副題;何々とかけて何ととく?)
『ことば遊びの世界』 小野恭靖 新典社 2005 (807.9オ)
『ことば遊びの文学史』 小野恭靖著 新典社 1999 (910.2オ)
『ことば遊び辞典』 鈴木棠三 東京堂出版 1978 (R813ス)
『図説ことばあそび遊辞苑』 荻生待也編著 遊子館 2007(R807オ)
『「とんち教室」の時代』 青木 一雄 展望社 1999 (699.6ア)
キーワード
(Keywords)
なぞかけ
三段なぞ
大喜利
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
香川県立図書館
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000041885解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!