このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000041538
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M07122310562691
事例作成日
(Creation date)
2007/12/23登録日時
(Registration date)
2008年02月02日 02時12分更新日時
(Last update)
2018年12月05日 00時30分
質問
(Question)
住宅顕信(すみたくけんしん)について知りたい。
回答
(Answer)
 岡山市出身の俳人。本名は住宅春美。1961(昭和36)年3月21日~1987(昭和62)年2月7日。中学校を卒業後、昼は勤務し、夜は調理師学校に通う。1980(昭和55)年岡山市に臨時採用される。この頃から仏教に傾倒し、通信教育を受けて、1983(昭和58)年に京都西本願寺で出家得度する。翌年、急性骨髄性白血病のため入院。病室で句作をはじめ、自由律俳句雑誌「層雲」の誌友となる。1985(昭和60)年には、初の句集『試作帳』を自費出版。1987(昭和62)年25歳の若さで一生を終えた。俳人としての創作期間はわずか3年で、生涯に残した俳句は281句であった。没後、知人らの尽力により、第二句集『未完成』(弥生書房 1988年)が刊行されたほか、『Unfinished 英語版住宅顕信句集「未完成」』(広陽本社 2003年)、『ずぶぬれて犬ころ』(中央公論新社 2002年)、『住宅顕信全俳句集全実像』(小学館 2003年)が刊行されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 9版)
参考資料
(Reference materials)
『生きいそぎの俳人住宅顕信』横田賢一著,七つ森書館,2007年. 『いつかまた会える』香山リカ著,中央公論新社,2002年. 『春風の扉』池畑秀一編集,山本遺太郎,1993年. 『住宅顕信読本』中央公論新社,2002年.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2007122310543162691
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000041538解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!