このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000041533
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M07122311262696
事例作成日
(Creation date)
2007/12/23登録日時
(Registration date)
2008年02月02日 02時12分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
竹久夢二(たけひさゆめじ)について知りたい。
回答
(Answer)
 邑久郡本庄村(現瀬戸内市)出身の画家・詩人。本名は竹久茂次郎。1884(明治17)年9月16日~1934(昭和9)年9月1日。邑久高等小学校を経て、神戸中学校に入学するが中退。一家は福岡県に移るが,1901(明治34)年に単身上京し、早稲田実業に入学する。その後、専攻科に進むが中退し、挿絵画家としての道を歩む。1909(明治42)年に『夢二画集 春の巻』を刊行、人気を博す。夢二の描く女性は「夢二式」と称され、当時の若い男女を大いに魅了した。小説、詩、短歌、俳句もよくし、特に「宵待草」は名高い。1931(昭和6)年から2年ほど外遊をするが、病を得て帰国。1934(昭和9)年、肺結核のため、その生涯を閉じる。『初版本複刻竹久夢二全集』全58巻(ほるぷ出版 1985年)、『竹久夢二名作全集』全3巻(山陽新聞社 1983年)の全集のほか多数の著作がある。岡山市に夢二郷土美術館があるほか、瀬戸内市の生家は同分館として整備されている。また岡山市の後楽園門前と瀬戸内市邑久町本庄に小唄碑が、同生家近くに詩碑が建てられている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
『竹久夢二と日本の文人』品川洋子著,東信堂,1995年. 『波乱万丈・恋人生 夢二ドキュメント』中右瑛著,里文出版,2003年. 『竹久夢二 抒情詩歌と歌曲作曲家たち』石田徹著,山陽印刷,1980年. 『夢二のふるさと』真田芳夫著,日本文教出版,1984年.   『竹久夢二の俳句』松岡ひでたか著,天満書房,1996年.    『岡山県歴史人物事典』山陽新聞社,1994年.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2007122311240162696
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000041533解決/未解決
(Resolved / Unresolved)