このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000041488
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M08010510562803
事例作成日
(Creation date)
2008/01/05登録日時
(Registration date)
2008年02月02日 02時11分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
中塚一碧楼(なかつかいっぺきろう)について知りたい。
回答
(Answer)
 浅口郡勇崎村(現倉敷市)出身の俳人。本名は中塚直三。1887(明治20)年9月24日~1946(昭和21)年12月31日。岡山中学を経て早稲田大学へ進学する。大学では「早稲田吟社」に参加して創作を続ける。一時期帰郷するが、1911(明治44)年に上京、「試作」を刊行して非定型や俳号廃止、季題克服、選者無用論や口語化など自由律俳句を進める。1915(大正4)年には河東碧梧桐の援助のもと「海紅」を刊行するなど、自由律俳句の普及に大きな足跡を残した。句集には『はかぐら』(第一作社 1913年)、『海紅 第1句集~第6句集』(海紅社 1918年-1932年)、『芝生』(海紅社 1932年)、『一碧樓句抄』(巣枝堂書店 1949年)、『中塚一碧楼全句集冬海』(海紅社 1987年)などがある。倉敷市玉島の柏島神社と円通寺、鷲羽山久寿美大師南下に句碑があるほか、柏島神社には時世の句碑も建てられている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 9版)
参考資料
(Reference materials)
『中塚一碧楼 俳句と恋に賭けた前半生』瓜生敏一著,桜楓社,1986年. 『中塚一碧楼研究』尾崎騾子著,海紅同人句録社,1976年. 『俳人中塚一碧楼』森脇正之著,倉敷文庫,1980年. 『俳人中塚一碧楼』玉島市立図書館,1961年. 『岡山の文学アルバム』山本遺太郎著,日本文教出版,1983年. 『岡山県歴史人物事典』山陽新聞社,1994年.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2008010510571362803
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000041488解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!