このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000041445
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2007-075
事例作成日
(Creation date)
2007/10/24登録日時
(Registration date)
2008年01月31日 02時11分更新日時
(Last update)
2008年02月15日 16時35分
質問
(Question)
十竹齋などに先行する『八種画譜』中のひとつ張白雲選「名公扇譜」について知りたい。
回答
(Answer)
『文人画の鑑賞基礎知識』p229より、『八種画譜』は日本の文人画勃興期に大きな影響を与えた画譜。「唐詩五言」「唐詩六言」「唐詩七言」「梅竹蘭菊」「古今画譜」「草本花詩」「木本花鳥」「名公扇譜」の8種の画譜を、天啓初年頃にまとめたものをいう。
「名公扇譜」については以下の資料に詳しい。
『八種画譜』(美乃美 1978)付録の解説p4-6に「名公扇譜」についての詳細な解説あり。
『絵本の研究』(美術出版社)p34-35『八種画譜』の項に、「名公扇譜」についての記述あり。
その他「八種画譜」に関する資料は次のとおり。
『日本南画論攷』(講談社)p44-332、『南画の基礎知識 第3版』(雄山閣出版)p4、『日本南画史』(瑠璃書房)p77-84、『文人画の鑑賞基礎知識』(至文堂)p229、『中国の版画』(東信堂)p107-110、『近世日本絵画と画譜・絵手本展Ⅱ』「中国・明代画譜と日本美術」(『出光美術館研究紀要 第5号 (1999.9)』p163-164所収)、『新潮世界美術辞典』p1146「八種画譜」の項などに記述あり。
以上を紹介する。
回答プロセス
(Answering process)
中国画、中国の美術関係資料を探索。自館目録、《MAGAZINEPLUS》等は〈名公扇譜〉ではヒットせず。同じく〈八種画譜〉で検索すると、『八種画譜』(美乃美)の付録に「名公扇譜」の詳しい解説があることがわかった。そのほか、雑誌『出光美術館研究紀要 第5号』がヒットする。
次に『新潮世界美術辞典』の「八種画譜」の項に、南画を学ぶ者の不可欠の教本との説明から、南画関係資料を探索する。以上により、「八種画譜」に関する記述の中で「名公扇譜」に触れている資料がいくつか見つかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
東洋画  (722 9版)
絵画材料.技法  (724 9版)
図書.書誌学  (020 9版)
参考資料
(Reference materials)
『八種画譜』(美乃美)
『絵本の研究』(美術出版社)
『日本南画論攷』(講談社)
『南画の基礎知識 第3版』(雄山閣出版)
『日本南画史』(瑠璃書房)
『文人画の鑑賞基礎知識』(至文堂)
『中国の版画』(東信堂)
『近世日本絵画と画譜・絵手本展Ⅱ』
『出光美術館研究紀要 第5号 (1999.9)』
『新潮世界美術辞典』
キーワード
(Keywords)
絵画-中国
南画
漢籍
美術図集
八種画譜
名公扇譜
文人画
図書 
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000041445解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決