このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000041434
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2007-064
事例作成日
(Creation date)
2007/08/10登録日時
(Registration date)
2008年01月31日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年11月20日 16時32分
質問
(Question)
菖蒲城主佐々木(金田)氏は、地元大塚家に伝わる系図によると六角佐々木家の流れをくむといわれるが確実なことがわかっていない。菖蒲城主佐々木氏の正確な系図があれば教えてほしい。
回答
(Answer)
康正2年(1456)に菖蒲城を築いたとされる古河公方足利茂氏の家臣金田式部則綱および鎌倉府から古河公方(5代)までの佐々木氏や菖蒲佐々木氏の動静については郷土資料に詳しい。しかし〈近江の六角佐々木氏〉から〈菖蒲の佐々木氏〉に繋がる系図については、多くの史料で疑問視しており、正確な系図は見つからなかった。
以下の関係資料を紹介する。
佐々木氏系図
①『菖蒲町の歴史ガイド』(菖蒲町教育委員会 1986)p59-64「菖蒲城と佐々木氏」の項
(1)六角流佐々木系図(『姓氏家系大辞典』より) (2)佐々木系図(大塚家蔵「佐々木系図」より) (3)佐々木系図(『続群書類従』より)の3つの系図の掲載がある。大塚家系図では満高の子友綱が嫡子とあり史実に反す・・・など非常に疑問が多いとするが、菖蒲城を築城した〈則綱〉以降についてはその存在は明らかである、と記述あり。
典拠資料『新編武蔵風土記稿 10』(大日本地誌大系)p212に則綱を確認できる。
②『埼玉人物事典』(埼玉県教育委員会 1998)p262「金田則綱」の項
生没年不詳、室町時代中期の武将。父は友綱。「佐々木系図(大塚家蔵)」によれば、金田氏は近江国の佐々木(六角)氏の系譜をひき・・・と記載あり。
③『鷲宮町史 史料4(中世)』(1989)及び『埼玉叢書 4 新訂増補』(国書刊行会)p245-252の「菖蒲城主の佐々木氏系図」は「氏頼-満高-友綱-則綱」とある。
④『寛政重修諸家譜 7』p54-60、『宇多源氏佐々木氏族系図 1』(展望社 1990)p31の「宇多天皇系図(3)」及び『同 2』p67の「佐々木 (9)六角…系図」にある宇多源氏佐々木氏の系図は、「氏頼-満高-満綱-久頼」とあり、③と矛盾している。
⑤『佐々木六角氏の系図』(佐々木哲 思文閣出版 2006:秩父市図蔵)に佐々木六角氏の詳細な記述があるが、菖蒲佐々木氏には触れていない。
佐々木系図の信憑性
⑥『騎西町史 通史編』(2005)p183-184に、「友綱以前の菖蒲佐々木氏の系図の記載は、あまり信用できるものではない・・・」と記述がある。
⑦『白岡町史 通史編』(1989)p188-210
「佐々木系図による六角氏頼から満高、友綱、則綱の伝承は、全て信じることはできない。佐々木系図の金田氏と鎌倉府関係の佐々木氏が一致することはなく・・・」と記述あり。
⑧『鷲宮町史 通史上 原始古代・中世編』(1986)p427に、鎌倉府成立の頃から関東と京都の佐々木氏とに分かれていたと考えるのが自然であり、p455には金田則綱の名も当時の確かな文書の中に見出すことはできないとある。
⑨『近江源氏の系譜 佐々木・六角・京極の流れ』(創元社)p119「六角氏系譜のナゾ」の項に佐々木氏の偽系図に関する記述がある。
⑩雑誌『歴史研究 第448号 1998年9月』(新人物往来社)「特集:佐々木一族の謎」
回答プロセス
(Answering process)
郷土資料にあたる。『菖蒲町の歴史ガイド』ほかの郷土資料に詳細な記述が見つかるが、多くの資料で「大塚家系図」の〈氏頼-満高-友綱-則綱〉は、六角佐々木家の系図とは繋がらないとの矛盾を指摘している。
佐々木氏の系図関連資料を探す。『宇多源氏佐々木氏族系図 1』(展望社)p154、『同 2』p169の朽木氏の系図に各れ〈友綱〉〈則綱〉の名があるが、徳川中期の人物。『寛政重修諸家譜 8』の渡邊氏(嵯峨源氏)の項p108に〈則綱〉、p118に〈則綱〉の名があるが時代があわない。
《Google》ほかを〈菖蒲佐々木氏〉〈六角佐々木氏〉〈菖蒲城〉等で探索するが、「伝説によれば佐々木六角氏頼の4人の息子たちが武者修行のために関東に下り、嫡子〈満高〉が主となり、1419年に友綱の子則綱が菖蒲城を築城とある・・・この話はそのまま信じるわけにはいかない。詳細は不明・・・」などの疑問を呈する情報が多く見られる。
現在わかる範囲での関係資料紹介した。
事前調査事項
(Preliminary research)
「菖蒲町の文化財と歴史 通史篇」(菖蒲町教育委員会 2006)p75-78の「菖蒲城と佐々木氏」の項に、菖蒲城主金田式部則綱は、大塚家に伝わる佐々木氏系図(「大塚系図」)によると近江六角佐々木氏の末裔にあたる・・・」とある。だが、「六角流佐々木家系図」に「大塚系図」を重ねると大きな矛盾が生じると記述が続いている。
NDC
系譜.家史.皇室  (288 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
関東地方  (213 9版)
参考資料
(Reference materials)
『菖蒲町の文化財と歴史 通史篇』(菖蒲町教育委員会)
『騎西町史 通史編』
『埼玉人物事典』(埼玉県 1998)
『鷲宮町史 史料4 中世』
『鷲宮町史 通史上 原始古代・中世編』
『白岡町史 通史編』
『埼玉叢書 4 新訂増補』(国書刊行会)
『寛政重修諸家譜 7 新訂』(続群書類従完成会)
『宇多源氏佐々木氏族系図 1・2』(展望社)
『近江源氏の系譜』(創元社)
『歴史研究 第448号(1998.9月)』(新人物往来社)
『新編武蔵風土記稿 10』(大日本地誌大系)
『佐々木六角氏の系図』(思文閣出版:秩父市図蔵)
キーワード
(Keywords)
佐々木(氏)
金田(氏)
系図
菖蒲城
菖蒲町-埼玉県-歴史
郷土資料 
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
定番事例-参考資料-埼玉人物事典-解決
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000041434解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!