このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000041429
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2007-042
事例作成日
(Creation date)
2007/06/20登録日時
(Registration date)
2008年01月31日 02時11分更新日時
(Last update)
2008年02月15日 16時35分
質問
(Question)
「せえの」という言葉が流行する以前はどのような掛け声が使われていたのか。
回答
(Answer)
「せーの」の語源については不明だが、参考になりそうな論文として、寿楽章子『せーの』報告書」(『国語語彙史の研究 16』p271-281 和泉書院 1996)(神奈川県図蔵)を紹介した。
「類似のかけ声として「いっせーのーで」「一二の三」などを紹介し、狂言や落語に見られる例をあげている。
その他、参考情報として『日本国語大辞典 第二版』『大辞林 第三版』『三省堂国語辞典 第二版』『新明解国語辞典 第二版』『日本俗語大辞典』に記載されている「せーの」の意味と類義語の意味を紹介した。
回答プロセス
(Answering process)
『日本国語大辞典』によると「せいのお」は感動詞として1971年-73年に初出と思われる記載あり。
複数の国語辞典に「力を合わせて物を動かすとき」「一斉に始めようとすとき」のかけ声という記述あり。
〈感嘆詞〉〈掛け声〉をキーワードに書架や《MAGAZINEPLUS》にあたるが、該当する記述なし。
《Google》を〈せえの & かけ声〉で検索したところ、《ことば会議室》というページに、寿楽章子「『せーの』報告書」(『国語語彙史の研究 16』p271-281 和泉書院 1996)の紹介あり。埼玉県図所蔵なし。神奈川県図より借用し、語源は不明だが、類似の掛け声や狂言・落語に見られる例の記述を確認する。
事前調査事項
(Preliminary research)
質問者より宇野千代の「淡墨桜」の中の「「せエの」は昭和40年代には珍しかった。それ以前は何と言ってたのでしょうか」という記述から疑問をもったとのこと。
「擬音語擬態語辞典」「広辞苑」
NDC
語彙  (814 9版)
言語生活  (809 9版)
日本語  (810 9版)
参考資料
(Reference materials)
寿楽章子『せーの』報告書」(『国語語彙史の研究 16』p271-281 和泉書院 1996:神奈川県図蔵)
『日本国語大辞典 第二版』(小学館)
『大辞林 第3版』(三省堂 2006)
『日本俗語大辞典』(東京堂出版 2003)
キーワード
(Keywords)
かけ声
語彙
日本語-言語生活 
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000041429解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!