このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000041427
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2007-040
事例作成日
(Creation date)
2007/05/22登録日時
(Registration date)
2008年01月31日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年01月27日 12時55分
質問
(Question)
江戸時代末期まで用いられた馬沓(馬草鞋)について知りたい。
回答
(Answer)
馬沓に関する解説のあった資料は下記のとおり。
『日本史大事典』
藁、和紙、馬毛、人毛の馬沓が主で、徳川吉宗が西洋の新しい蹄鉄技術の導入に努めたが、日本に定着しなかった。
『日本馬術史 4』
馬沓の材料、種類の解説あり。
『騎行・車行の歴史』
江戸時代は蹄鉄は使われていなかった、馬の訓練では馬の蹄に藁沓をはかせた。

馬沓関する写真や図が掲載されている資料は下記のとおり。
『民俗資料選集 5 中馬の習俗』
p18に中馬のくつ(わらじ)の写真、p84-85に図1点と解説あり。
『図説 日本の馬と人の生活誌』
p291 「馬の鞋」の写真あり。
『日本馬具大鑑 4 近世』
p21に浮世絵、p60に紺芋沓の写真あり。
『馬追い街道 春季特別展』
p14-15 馬の沓の写真と履いている図があり。
『さきたま古墳群と北武蔵の農具』
p58にわらじ踏み台の写真あり。
『北武蔵の農具 実測図編』
p152にウマのワラジ、p182にウマのワラジアミダイの実測図あり。
『北武蔵の農具 写真篇』
p139-40にウマのワラジの写真、p160にウマのワラジアミダイの写真あり。
以上の資料の記述等を回答する。
回答プロセス
(Answering process)
《MAGAZINEPLUS》と《BOOKPLUS》を〈馬沓〉〈馬草鞋〉〈蹄鉄〉で検索するが該当なし。
馬に関する資料の書架や民俗・習俗に関する書架の資料を確認し、馬沓の解説や写真・図の掲載されている資料を紹介した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
哺乳類  (489 9版)
衣住食の習俗  (383 9版)
家畜.畜産動物.愛玩動物  (645 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本馬術史 4』(日本乗馬協会 原書房 1980)
『騎行・車行の歴史』(加茂儀一 法政大学出版局 1980)
『民俗資料選集 5 中馬の習俗』(文化庁文化財保護部 国土地理協会 1977)
『図説日本の馬と人の生活誌』(山森芳郎 原書房 1993)
『日本馬具大鑑 4 近世』(日本馬具大鑑編集委員会 日本中央競馬会 1992)
キーワード
(Keywords)
蹄鉄
江戸時代-日本-歴史 
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
吹田市立中央図書館 より、コメントをいただく(2009/01/23)。以下、提供情報の本文。

『姿としぐさの中世史』平凡社 1986年
上記の図書P112~118 に記載があります。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000041427解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!