このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000041267
提供館
(Library)
広島県立図書館 (2110011)管理番号
(Control number)
広県図20080027
事例作成日
(Creation date)
2003年06月05日登録日時
(Registration date)
2008年01月24日 11時37分更新日時
(Last update)
2008年06月15日 14時29分
質問
(Question)
大野町で終戦直後にあった山津波について知りたい。宮浜温泉に碑がある。
回答
(Answer)
昭和20年9月17日 枕崎台風大野村(現廿日市市大野町)では丸石川で大規模土石流が発生し、この丸石川が敷地の中央を貫流する下流部の大野陸軍病院を直撃した。原爆被害調査のため広島県大野町の陸軍病院で活動していた京都大学原子爆弾災害総合研究班も土石流に飲み込まれた。
参考資料(1)p39~44
参考資料(2)p300~304:京大調査隊の悲劇 p305~307:山津波で十人殉職
参考資料(3)p54~55:枕崎台風 1945年 大野陸軍病院が山津波にあった災害写真あり
参考資料(4)p177~179,182~189,201~213
参考資料(5)p118:山津波の発生・被害状況 明治19年~昭和47年までの表あり。 丸石川(他)大野町の被害がわかる
参考資料(6)p119~120:枕崎台風による遭難 京都大学調査班
参考資料(7)p209~215:大野陸軍病院における京大原爆災害綜合研究調査班の山津波による遭難の状況(私の日記から) 菊地武彦,
p247:1945年9月17日午後10時過ぎに台風のさ中に起こった大野病院における山津波の惨状 写真2枚あり
参考資料(8)p735:大野の災害 に 1945年9月17日の災害概要あり(4行程度)
参考資料(10)「京大調査班11人慰霊 被爆者治療 土石流で犠牲 悲劇から60年 大野で集い 「無念の思い語り継ぐ」」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会福祉  (369 9版)
気象学  (451 9版)
参考資料
(Reference materials)
(1) 『広島県砂防災害史』(広島県土木建築部砂防課1997)
(2) 『昭和史の天皇 4』(読売新聞社 1976)
(3) 『日本災害史:写真・絵画集成 3』(下鶴大輔/監修 日本図書センター 2001)
(4) 『空白の天気図』(柳田邦男/〔著〕 新潮社 1980)
(5) 『広島県史 地誌編』(広島県/編 広島県 1977)
(6) 『原子爆弾:広島・長崎の写真と記録』(仁科記念財団/編纂 光風社書店 1973)
(7) 『広島医学』 20巻(昭和42年)
(8) 『広島県大野町誌 第2版』 (大野町郷土誌編さん委員会/編 大野町 1992)
(9) 『京都大学原子爆弾災害総合研究調査班の成立とその活動』(菊池武彦/[著] 原爆傷害調査委員会 1970)
(10) 『読売新聞』 2005.9.18 広島版
キーワード
(Keywords)
枕崎台風
山津波
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000041267解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!