このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000041252
提供館
(Library)
広島県立図書館 (2110011)管理番号
(Control number)
広県図20070003
事例作成日
(Creation date)
2004年07月06日登録日時
(Registration date)
2008年01月23日 18時46分更新日時
(Last update)
2008年02月06日 14時34分
質問
(Question)
美術のデッサンに用いられる歪像(アナモルフォーズ)について、その描き方が詳しく載っている本。またその歴史が書いてある本を紹介してほしい。また、歪像画の代表的な作品、ハンス・ホルバイン「大使たち」ロンドンのナショナル・ポートレイト・ギャラリーの「エドワード4世の肖像」の載っている画集も所蔵を教えてほしい。なお、歪像について書いてある「絵画と現代思想」は調査済。
回答
(Answer)
1 歪像画の説明・歴史等について
 参考資料(1)~(3)に記述があります。参考資料(1):「アナモルフォーズ」について,かなり詳しく書かれた資料です。第7章では,「大使たち」について,詳しく説明しています。
 参考資料(2):p.261~264に主に歴史について書かれています。
参考資料(3):p.160~173に歴史や「大使たち」についての解説などの記述があります。
2 歪像画の描き方  参考資料(4)・(5)に記述があります。
 参考資料(4):p.128~129にアナモルフォーシスの投影法として,図入りで描き方の手順が示されています。
 参考資料(5):p.32~33に,「大使たち」の髑髏を例にアナモルフォーシスの作図として,歪んだ格子の描き方が示されています。
3 画集について
 参考資料(6)には,「大使たち」が収録されています。(p73,カラー)
 また,参考資料(1)の口絵には,「エドワード6世のアナモルフォーズ肖像」 (『オックスフォード西洋美術事典』では,「4世」となっていますが, 同一の絵のようです。)と「大使たち」がカラーで掲載されています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
世界美術大事典・オックスフォード西洋美術事典では、歪像についての記述はあるが、具体的な描き方はなし。また、HPにレオナルド・ダ・ウインチの「眼鏡光学の基礎」で歪像について記述あり。
NDC
絵画材料.技法  (724 9版)
参考資料
(Reference materials)
(1) 『バルトルシャイティス著作集 2』(ユルギス・バルトルシャイティス/著 国書刊行会 1992)
(2) 『美の図学』(日本図学会/編 森北出版 1998)
(3) 『遠近法 :絵画の奥行きを読む』(小山清男/著 朝日新聞社 1998)
(4) 『アートテクニック大百科』(レイ・スミス/〔ほか〕著 美術出版社 1996)
(5) 『ビジュアル美術館 第4巻 遠近法の技法 』(アリスン・コール/著 同朋舎出版 1993)
(6) 『世界の美術館 17』 (講談社 1969)
キーワード
(Keywords)
歪像
アナモルフォーズ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000041252解決/未解決
(Resolved / Unresolved)