このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000041011
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M07120710562582
事例作成日
(Creation date)
2007/06/24登録日時
(Registration date)
2008年01月17日 02時11分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
シーラカンスって何ですか?
回答
(Answer)
『宇宙・地球いのちのはじまり』では、「既に絶滅したと考えられていたが、1938年にマダガスカル島付近で発見された。初期のものは、強い筋肉を持ったひれ、浮き袋状の肺、口を閉じていても呼吸ができる孔をもっている。淡水から陸上での4足生活へと、移行を試みた気配を感じさせる。」とあり、『みんなが知りたい!「世界の大発見」がわかる本』では、「3億年以上昔の魚で既に絶滅していたと思われていました。しかし1938年、南アフリカ南東部のインド洋で捕獲され、その後も南アフリカとマダガスカル島の間やコモロ諸島周辺でたくさんのシーラカンスが捕獲され、「生きている化石」とし世界に知られるようになりました。」と書かれている。主な特徴については、『生きている化石』、『みんながしりたい!「世界の大発見」がわかる本』、『大むかしの生物』、『きえたかいじゅうたち』に記さており、化石で発見されたシーラカンスと生きた状態で発見されたシーラカンスとの違いについても述べられている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
古生物学.化石  (457 9版)
参考資料
(Reference materials)
榎田政隆文・構成 浜田隆士監修『宇宙・地球・いのちのはじまり4 進化は単細胞生物から多細胞生物へ』理論社,2004,48p.参照はp.38-39,p.48. ニコラ著『みんなが知りたい!世界の大発見がわかる本』メイツ出版,2005,128p.参照はp.12-13. 井尻正二・堀田進著『生きている化石』築地書館,1991,239p.参照はp.67-69. 八杉竜一・浜田隆士共編『小学館の学習百科図鑑15 大むかしの生物』小学館,1977,192p.参照はp.174-175. たかしよいち文・石津博典絵『とおい昔の謎をとく3 きえたかいじゅうたち』理論社,1986,150p.参照はp.132-150.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2007120710543962582
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
小学生(高学年)
登録番号
(Registration number)
1000041011解決/未解決
(Resolved / Unresolved)