このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000041003
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M07120112162233
事例作成日
(Creation date)
2007/12/01登録日時
(Registration date)
2008年01月17日 02時11分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
内田百閒(うちだひゃっけん)について知りたい。
回答
(Answer)
 岡山市古京町出身の小説家・随筆家。1889(明治22)年5月29日~1971(昭和46)年4月20日。本名は内田榮造。岡山中学校から第六高等学校、東京帝国大学へと進む。16歳から夏目漱石に傾倒し、大学時代には夏目漱石の門下生となる。卒業後は小説などを手がける一方、随筆も執筆する。1933(昭和8)年には『百鬼園随筆』を刊行、随筆家として評価を確定する。鉄道マニアとしても知られ、1950(昭和25)年の『阿房列車』は紀行文として好評を博した。号の由来は百間川。別号は百鬼園である。主な作品に『冥途』(三笠書房 1934年)、『阿房列車』(三笠書房 1952年)、『百鬼園随筆』(三笠書房 1935年)、『クルやお前か』(東都書房 1963年)、『私の先生』(養徳社 1946年)が、全集に『内田百間集成』全24巻(筑摩書房 2002-2004年)、『内田百間全集』全10巻(講談社 1979年)、『新輯内田百間全集』全33巻(福武書店 1986-1989年)がある。岡山市古京町に生家跡の碑、岡山市小橋町1丁目の旭川堤に記念碑園、岡山市瀬戸町南方三谷公園に句碑がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本文学  (910 9版)
参考資料
(Reference materials)
『回想 内田百間』平山三郎編,津軽書房,1975年. 『内田百間の世界』真杉秀樹著,教育出版センター,1993年. 『内田百間〈百鬼〉の愉楽』酒井英行著,有精堂出版,1993年. 『岡山の内田百間』岡将男著,日本文教出版,1989年. 『岡山県歴史人物事典』山陽新聞社,1994年.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2007120112161662233
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000041003解決/未解決
(Resolved / Unresolved)