このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000040995
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M07112512061902
事例作成日
(Creation date)
2007/11/25登録日時
(Registration date)
2008年01月17日 02時11分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
岡山県ゆかりの作家・赤木格堂(あかぎかくどう)について知りたい。
回答
(Answer)
 児島郡小串村(現岡山市)出身の新聞人・俳人。1879(明治12)年7月27日~1948(昭和23)年12月1日。本名は赤木亀一。1902(明治35)年に早稲田大学を卒業。1908(明治41)年から3年間ドイツ、フランスに留学する。帰国後、山陽新報主筆などを通して政治を論じ、青年層の指導に力を注ぐ。退職後は短歌や俳句を楽しむ一方、小串村長も務めた。大学在学中に正岡子規の門人となり、俳人としての評価も高く、子規の後継者と目されていたほどであった。平賀元義の存在を子規に紹介したのも格堂である。子規の没後は俳壇、歌壇から離れた。主要作品に『赤木格堂先生植民政策論 第1輯』(東半球協会 1942年)がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
『赤木亀一』岡長平著・刊,1962年. 『漱石全集 別巻』夏目金之助著,岩波書店,1996年. 『岡山の文学アルバム』山本遺太郎著,日本文教出版,1983年. 『岡山の短歌』藤原幾太著,日本文教出版,1971年. 『岡山県歴史人物事典』山陽新聞社,1994年.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2007112512020561902
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000040995解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!