このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000040807
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-0A-200506-01
事例作成日
(Creation date)
2005/06/27登録日時
(Registration date)
2008年01月11日 02時10分更新日時
(Last update)
2008年11月10日 18時43分
質問
(Question)
以下の三首の歌の出典を知りたい。(書展の作品に出ていた)①長塚節「鬼灯を口にふくみて鳴らすごと蛙はなくも夏の浅夜を」②作者不明で表記もあいまいだが「夏の夜も御ささがはらにしもぞおく月の光のさえしわたれば」③作者不明で表記もあいまいだが「ほととぎすきくおりにこそ夏山の青葉は花に劣らざりけれ」
回答
(Answer)
①「長塚節全集」3に初句索引あり 連作「鍼の如く 其の二」初出『アララギ』7巻6号(大正3年7月)
②夏の夜も小笹が原に霜ぞおく月の光の冴えしわたれば 西行の句。『日本古典文学大系29山家集』(岩波書店)、『山家集』(新潮日本古典集成 新潮社)に収録を確認。
③時鳥きく折にこそ夏山の青葉は花に劣らざりけれ 西行の句。『山家集』岩波文庫P44にあり
回答プロセス
(Answering process)
①長塚節全集3に初句索引あり→発見
②③ともに、google検索エンジンでキーワードを替えながら検索すると「山家集」の歌らしいとわかる。国歌大観CD-ROMでも確認
②『日本古典文学大系 29山家集』(岩波書店 1977年 当館書誌ID:0070037735)
  『山家集』(新潮日本古典集成 新潮社 1982年 当館書誌ID:0000230858)→巻末に初句索引あり
③『山家集』(岩波文庫 当館書誌ID:0080059387)→初句索引あり。P44に収録確認。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 9版)
参考資料
(Reference materials)
①『長塚節全集3巻』(春陽堂 1926年 当館書誌ID:0080153696)→初句索引あり
②『日本古典文学大系 29山家集』(岩波書店 1977年 当館書誌ID:0070037735)
  『山家集』(新潮日本古典集成 新潮社 1982年 当館書誌ID:0000230858)→初句索引あり
③『山家集』(岩波文庫 当館書誌ID:0080059387)→初句索引あり。
キーワード
(Keywords)
長塚節
西行
山家集
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000040807解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決