このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000040160
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
D2007M1015
事例作成日
(Creation date)
2007/08/10登録日時
(Registration date)
2007年12月08日 02時11分更新日時
(Last update)
2007年12月08日 02時11分
質問
(Question)
藤原俊成の和歌で「俊成卿文治6年五社百首」の中の「杜若」の項の「神山や太田の沢のかきつばたふかき頼みはいろに見ゆらん」の解釈が知りたい。
典拠:「俊成卿文治六年五社百首」については『群書類従 第11』にあり、p.372に同句が記載されているのを確認しました。
回答
(Answer)
【 】は当館請求記号です。
お問合せの藤原俊成の和歌
「神山やおほたの沢のかきつはた深きたのみは色にみゆらん」
の解釈が記載されている資料について回答いたします。
※和歌の表記は、『羣書類従』 第11輯 塙保己一編 続群書類従完成会〔校〕
 訂正版 東京 続群書類従完成会(1959)【081.5-G95-H(t)(1960)】による。

和歌の辞典類や、NDL-OPAC( http://opac.ndl.go.jp/index.html )や国文学論文目録データベース( http://base1.nijl.ac.jp/~ronbun/ )などでヒットする、藤原俊成関係の研究書・論文、『群書解題 第9巻』p.53(続群書類従完成会編続群書類従完成会 1986.10【UM81-4】)記載の参考文献のいくつかを確認したところ、下記論文に解釈が記載されていました。

小林一彦「上賀茂の歌枕 大田の沢のかきつばた」
  『あふひ』 (10)(2005.3) pp.14-19 【Z22-B163】

他に、参考資料欄にある資料を確認しましたが、和歌や解釈は見あたりませんでした。研究書については、目次から該当すると思われる部分や、引用歌索引を通覧したのみです。
また、『新編国歌大観』(CD-ROM版)(当館の館内電子情報提供サービス)や貴館調査済みの『藤原俊成全歌集』(松野陽一,吉田薫編 笠間書院 2007.1【KG47-H40】)によると、『夫木和歌抄』にも収録されていますが、『夫木和歌抄』の解釈などはNDL-OPACや国文学論文目録データベース、NACSIS-Webcat( http://webcat.nii.ac.jp/ )で検索する限りでは見あたりませんでした。
インターネットへの最終アクセスは2007/8/8です。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
『藤原俊成全歌集』(笠間書院 2007);『日本歌人講座3』(弘文堂);『三省堂名歌名句辞典』(三省堂);『通解 名歌辞典』(創拓社);『新編 和歌の解釈と鑑賞事典』(笠間書院);『和歌文学大系 22 長秋詠藻』(明治書院 1998);『歌びと俊成』(教育出版センター 1978);『藤原俊成 藤原良経 日本詩人選23』(筑摩書房 1975);『国文古典和歌文学』(開文社 1955);『日本古典文学大系 別巻1.2』(岩波書店1976.1978)
NDC
詩歌  (911 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本名歌選』 久保田正文編 学生社 1956【911.109-Ku756n】
『日本名歌名句評釈』 鈴木正彦著 文化書房 1966【911-Su846n】
『日本名歌集成』 秋山虔〔ほか〕編 学灯社 1988.11【KG712-E13】
『日本秀歌秀句の辞典』 小学館辞典編集部編 小学館 1995.3【KG2-E55】
『短歌講座 第6巻』所収「藤原俊成歌集講話」(大井広著) 改造社 1932 【911.108-Ta893-K】
『日本文学講座 第7巻』所収「藤原俊成」(大井広著) 改造社 1934 【910.8-N684-k】
『和歌文学講座 第7巻』(中世・近世の歌人)所収「藤原俊成」(田中裕著) 和歌文学会編 桜楓社 1970【KG712-2】
『新古今歌人の研究』 久保田淳著 東京大学出版会 1973【KG129-6】
『藤原俊成の研究』 松野陽一著 笠間書院 1973【KG124-3】
『藤原俊成判詞と歌語の研究』 安井重雄著 笠間書院 2006.1【KG124-H4】
吉原敏雄「俊成歌集について」  『国語と国文学』14(8)1937.8 pp.85-89【YA5-17】
吉原敏雄「俊成の短歌作品の発展-五社百首が完成期を示す-」  『国語と国文学』15(3)1938.3 pp.19-33【YA5-17】
中島洋一「藤原俊成に於ける歌風の展開」  『日本文芸研究』10(1)1958.3 pp.60-78【Z13-442】
佐藤恒雄「御子左家三代の悲願」 『香川大学教育学部研究報告 第1部』(117)2002 pp.1-8【Z22-130】
キーワード
(Keywords)
和歌
藤原, 俊成(1114-1204)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
県立図書館
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000040160解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!