このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000039990
提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
都立図事-2007005397
事例作成日
(Creation date)
2007/4/18 登録日時
(Registration date)
2007年12月05日 02時10分更新日時
(Last update)
2007年12月05日 02時10分
質問
(Question)
昭和30年代~現在までの日本人の海外旅行の変遷について書かれた資料はないか。特に、外貨持出の限度額、ビザなしで行ける国について知りたい。
回答
(Answer)
「観光」の分類番号「689」をブラウジング調査したところ、資料1に日本の海外旅行の発展過程についてまとまった記述があり、参考文献としてあがっている資料2を調査した。
資料2は、巻頭の年表のほか、p.100-139には昭和39年~昭和58年の日本人の海外旅行の動きについて各年2頁ずつ記載がある。
p.254「表2 一般渡航の資金持出し制限額(1964~1983)」があり、外貨持出額の制限が年月日順に表になっており、1978年4月1日に無制限になったことがわかる。
また、同頁に「表3 査証・査証料相互免除協定の締結国(1955~1983)」があり、ビザなしで行ける締結国がわかる。現在は外務省のホームページで分かる。

○外務省
http://www.mofa.go.jp/mofaj/ (最終検索日:2007年10月7日)
トップページ>渡航関連情報>ビザ申請案内>査証免除措置国・地域一覧表(2006年3月現在)(計62の国・地域)

1984年以降については、年鑑で毎年発行されている資料2を見ていくと掲載がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
観光事業  (689 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 旅行ビジネスの本質 : 観光・旅行・航空の日英比較 / 小林弘二∥著 / 晃洋書房 , 2007.3 /689.6/5045/2007
【資料2】 日本人の海外旅行20年 : 1964~1983 / トラベルジャ-ナル∥編 / トラベルジャ-ナル , 1984 D/2909/279/84
【資料3】 観光白書 平成6年版 / 大蔵省印刷局 , 19940615 /6880/16/94
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000039990解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!