このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000039897
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2007-058
事例作成日
(Creation date)
2007/08/03登録日時
(Registration date)
2007年12月01日 02時12分更新日時
(Last update)
2007年12月27日 16時13分
質問
(Question)
釈迦の母・妻・子の生年月日が知りたい。
回答
(Answer)
釈迦の生没年については、諸説があり学問的にも確定していない。釈迦を基準にして母、妻、子の生年等を算出することも考えられるが、回答プロセス欄①~⑰の資料により判断してもらうよう連絡する。以下は目安として紹介した回答。注-羅?羅の?は目ヘンに侯の字で音読み「ゴ」
○釈迦の母、妻、子について 
  釈迦の母 ・・・ 摩耶夫人(マーヤ)
  釈迦の妻 ・・・ 第1の妻:ヤソーダラー(耶輸陀羅) 第2の妻:マノーダラー 
           第3の妻:ゴーパー
  釈迦の子 ・・・ ラーフラ(羅?羅)第1の妻の子ども(『お釈迦さま百科』より) 
○釈迦の生没年等は諸説あり(『外国人物レファレンス事典 3・4 古代~19世紀』が詳しい)。
    紀元前463~383年  紀元前560~480年 など諸説。
 16歳(一説に19歳)で結婚。 29歳 家を出る。 
○羅?羅(ラーフラ)生年にも諸説あり(『ブッダは、なぜ子を捨てたか』による)。
Ⅰ 羅?羅が誕生した時に、釈迦が家を出る。→羅?羅誕生は、紀元前434年頃または紀元前531年頃
 Ⅱ 釈迦が家を出る夜に受胎し、6年後に誕生。→ 紀元前428年頃または紀元前525年頃と推定。
○摩耶夫人の生年について
  35歳の時に釈迦を出産しているので、釈迦の推定生年に35を加えれば算出可能。
               
 
回答プロセス
(Answering process)
仏教関係事典で、関係者の名前や表記等を確認し、関連資料を調査。以下、記述があった資料。
①『お釈迦さま百科』(大法輪選書 23 大法輪閣)p20-22「三人の后」の項 3人の妻の名前と子どもの名前等があるが、該当記述はなし。
②『釈尊の生涯』(水野弘元 大修館書店)p33-47 釈尊の出生に関しては正確な歴史的記録は伝えられていないが、およそ西紀元6世紀前後。・・・生母マーヤ夫人は35歳前後まで久しく子に恵まれなかったものと思われる。・・・と記述あり。
③『仏教誕生』(宮元啓一 筑摩書房)p77「釈尊の在世年代」の項 仏滅は紀元前583年、釈尊の在世年代は紀元前563~483年となり、世界の歴史学者の大半はこの年代論を採用している。仏滅に関しては諸説あり、歴史学上の論争が生じ、今なお結論はでていない。と記述あり。また、p91「釈尊の結婚生活」の項 釈尊は16歳で、いとこのヤソーダラーという13歳の女性を正妻に迎えた。・・・釈尊に子供ができたのは、20歳代後半おそらく29歳で出家する少し前のことであったらしい。・・・。 
④『釈迦 生涯とその弟子』(高下恵 百華苑)p61-62「父母」の項に、母は摩耶夫人(マーヤ)。p68-69「誕生日」の項に、「時は4月8日、菩薩は右脇より生まれぬ」との4月8日誕生説の他に、3月15日、2月8日誕生説あり。p91「結婚」の項に、はっきりした年次はわからずに、その結婚は「16歳の頃」と記した・・・と記述あり。 
⑤『仏陀の生涯』(平川彰 春秋社)p32-34「太子の結婚と羅?羅の誕生」の項 説に結婚後7年目に太子と摩耶陀羅の間に一子・羅?羅が誕生。 
⑥『ブッダは、なぜ子を捨てたか』(山折哲雄 集英社)p26-27「誕生した子、ラーフラを捨てて」の項 シャカは16歳のとき(一説に19歳)ヤソーダラー(耶輸陀羅)と結婚したといわれる。・・・その後29歳になって「家を出ている」とあり。        
⑦『釈尊と十大弟子』(ひろさちや 法蔵館)p184-185に、羅?羅の誕生について疑惑の記述あり。
⑧『仏教の歴史 1 新装版 はじめに釈尊あり-釈尊の生涯』(ひろさちや 春秋社)p27-29に「シッダッタ太子の妻=ヤソーダラー」の項 p34-35に、後継者ラーフラの誕生はシッダッタ29歳のときであった。・・・との記述あり
⑨『仏教』(アンリ・アルヴォン 白水社)p30 仏陀の誕生は西暦前560年頃、その生涯は80年であるから、入滅は前480年頃である。母は誕生後まもなく亡くなった・・・とあり。    
⑩『ゴータマ・ブッダ』(早島鏡正 講談社)p79-82「生い立ち」の項に、(1)信仰上の年代説(2)学問上の年代説の詳細な記述あり。
⑪『ブッダの生涯』(ジャン・ボワスリエ 創元社)p50-51に、16歳で婚約とあり。
⑫『仏教説話大系 1 釈尊の生涯』(鈴木出版)p85に、子のラーフラに関する記述あり。
⑬『仏教小年表』(三枝充悳 大蔵出版)
⑭『外国人物レファレンス事典 3・4 古代~19世紀』(日外アソシエーツ)
⑮『東洋仏教人名事典』(新人物往来社)
⑯『総合仏教大辞典 上』(法蔵館)
⑰「釈尊と生きた女性たち」(ひろさちや 鈴木出版 1989:県内公共図)p42-43に、ヤソーダラーがシッダッタ太子の妃となったのは10歳前後、あくまでも推定でしかない・・・シッダッタはそのとき17歳であったという。29歳で家を出るが、その直前に長子のラーフラ誕生、結婚後12年である。そのときヤソーダラーは20歳前後・・・という記述あり。 
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
仏教史  (182 9版)
系譜.家史.皇室  (288 9版)
インド  (225 9版)
参考資料
(Reference materials)
『お釈迦さま百科』(大法輪選書 23 大法輪閣)
『釈尊の生涯』(水野弘元 大修館書店)
『仏教誕生』(宮元啓一 筑摩書房)
『釈迦 生涯とその弟子』(高下恵 百華苑)
『仏陀の生涯』(平川彰 春秋社)
『ブッダは、なぜ子を捨てたか』(山折哲雄 集英社)
『釈尊と十大弟子』(ひろさちや 法蔵館)
『仏教の歴史 1 新装版 はじめに釈尊あり-釈尊の生涯』(ひろさちや 春秋社)
『仏教』(アンリ・アルヴォン 白水社)
『ゴータマ・ブッダ』(早島鏡正 講談社)
『ブッダの生涯』(ジャン・ボワスリエ 創元社)
『仏教説話大系 1 釈尊の生涯』(鈴木出版)
『仏教小年表』(三枝充悳 大蔵出版)
『外国人物レファレンス事典 3・4 古代~19世紀』(日外アソシエーツ)
『東洋仏教人名事典』(新人物往来社)
『総合仏教大辞典 上』(法蔵館)
「釈尊と生きた女性たち」(ひろさちや 鈴木出版 1989:県内公共図蔵)
キーワード
(Keywords)
釈迦(シャカ)
マーヤ
ヤソーダラー
マノーダラー
ラーフラ
仏教
生年月日
インド-歴史 
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000039897解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!