このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000039555
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-3A-200603-16
事例作成日
(Creation date)
2006/03/01登録日時
(Registration date)
2007年11月19日 02時11分更新日時
(Last update)
2007年11月19日 02時11分
質問
(Question)
平成14年度に閉鎖されたという東住吉区の田辺公設市場は、いつ、どういう趣旨で開設されたのか、を知りたい。
回答
(Answer)
『明治大正大阪市史 4巻 経済篇下』(大阪市編 日本評論社) p907 によると、 大阪市の公設市場の開設については、「市民の生活費を軽減すると共に、需給の調節の円滑を図り併せて小売制度を改善する目的の下に(大正)七年四月即ち米騒動勃発数ヶ月前に全国各都市に率先して境川・谷町・福島及び天王寺の四市設小売市場を開いた」とあります。※引用にあたっては、旧字を新字に変え、年号(大正)を入れました。
また、『東住吉区史』(川端直正編 東住吉区創設十五周年四ヶ村編入三周年記念事業委員会)p237 によると、当時の状況として、「第一次世界大戦ののち、諸物価は著しく昴騰し、市民の日常生活が極度に圧迫されたため、一般小額所得者階級の生活費がその四割二分を占め、これら食料品を主とする日用廉価供給施設が殊に重要とみられた」ことも、公設市場開設の背景にあげられます。
その歴史の流れの中で公設市場が増加され、そのひとつとして田辺公設市場は大正15年12月20日に開設されたようです。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
商業経営.商店  (673 9版)
参考資料
(Reference materials)
『明治大正大阪市史 4巻 経済篇下』(大阪市編 日本評論社 1934年 当館書誌ID:0070004822)
『東住吉区史』(川端直正編 東住吉区創設十五周年四ヶ村編入三周年記念事業委員会 1961年 当館書誌ID:0000301758)
キーワード
(Keywords)
田辺公設市場
東住吉区
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000039555解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!