このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000039511
提供館
(Library)
愛媛県立図書館 (2110043)管理番号
(Control number)
17―46
事例作成日
(Creation date)
2006/06/11登録日時
(Registration date)
2007年11月17日 02時11分更新日時
(Last update)
2007年11月17日 02時11分
質問
(Question)
松山市三番町にあった城戸屋旅館について、①現在の番地、②建物現存の有無、③旅館の営業時期、④城戸幡太郎の実家らしいがこの人物の名前の読みと略歴、⑤別名の「岱州館」の意味、以上5点が知りたい。
回答
(Answer)
①松山市三番町4丁目に「城戸屋旅館跡碑」がある。
②建物は現存していない。
③正確な営業期間は不明。
④「きど・まんたろう」と読む。明治26年~昭和60年(1893-1985)。松山市生まれ。大正5年、東京帝国大学卒業。同11年、ライプチヒ大学留学。同15年、法政大学教授。昭和21年、文部省教育研究所所長。同26年、北海道大学教育学部長。同38年、北海道学芸大学学長。同48~57年、正則高等学校校長。
⑤城戸幡太郎の祖父(元・大洲藩士)が維新後に始め、屋号を「大州館」とした。宿泊客に「大」よりも「岱」の方が雅趣があると勧められ、岱州館とした。その後は祖父も「岱州」を雅号とした。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『愛媛県史 人物』(愛媛県 1989年)
【資料2】『教育科学七十年』(城戸幡太郎著 北海道大学出版会 1978年)
キーワード
(Keywords)
城戸屋旅館
城戸幡太郎(きどまんたろう)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000039511解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!