このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000039400
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
C2007T0725
事例作成日
(Creation date)
2007/07/25登録日時
(Registration date)
2007年11月14日 02時10分更新日時
(Last update)
2012年03月21日 11時48分
質問
(Question)
エレベーターのシェア・市場規模を調べたい。
回答
(Answer)
エレベーターのシェアや市場規模を調べることのできる資料には、以下のようなものがあります。
(【】内は当館請求記号)

◎国内の市場規模
●『機械統計年報』(経済産業省経済産業政策局調査統計部編 年刊 【Z41-787】)
経済産業省が、機械の毎月の生産高、出荷高、在庫高等を明らかにすることを目的として毎月実施している調査の年間の結果をまとめたものです。調査品目中に、エレベーターの生産高も含んでいます。経済産業省ホームページ内「統計」のページ( http://www.meti.go.jp/statistics/ )の「主要統計」から「機械」を選択すると「機械統計確報」に「エレベータ」の項目があり、ここからはより新しい数値を見ることができます。月次、年次の数量・重量及び金額がわかります。2006年度は2347億7千8百万円でした。
●『エレベータ界』(日本エレベータ協会 季刊 【Z16-849】)
毎年10月号に日本エレベータ協会が独自に行った「昇降機台数調査報告」が掲載されるようです。機種別(乗用、自動車用、ホームエレベータ、動く歩道等)や県別等で設置台数や新設台数、保守・輸出台数など、詳しい統計が記載されています。数値は全て台数で、金額はありません。

◎国内のシェア
●「昇降機業界の板金部材調達の現状」(『Sheet metal & fabricator』 50(12) (通号 607) 2006.12 【Z16-610】)
これによると、エレベーター業界は、三菱電機、日立製作所、東芝エレベータの3強が国内シェアの8割弱を占めており、うち、2位の日立製作所は約3割、3位の東芝エレベータは2割超のシェアを持っているとのことです。ホームエレベーターについても若干の記載があります。
●「ホームエレベータ、階段昇降機市場の現状とメーカー展開」(『ヤノ・レポート』 ((1203) 2006.4.10 【Z4-370】)
ホームエレベータの詳しい市場動向がまとめてあります。66ページにはシェアの図表が掲載されています。

◎海外の市場規模・シェア
○世界の市場規模・世界シェア
●“Market Share Reporter”(Gale Research 年刊 【Z61-F219】)
2007年版では、世界のエレベーターの稼動台数、その地域別割合、地域別割合の将来推計、世界シェア等がわかります。世界のエレベーターの稼動台数、その地域別割合についてはKone社のサイト内“Elevator Market” ( http://www.kone.com/en/main/0,,content=48408,00.html )で最新のものをご覧いただけます。世界シェアについてはその典拠“The Fifth Annual CERT CEO Roundtable ”
( http://www.canada-europe.org/en/pdf/Elliott_Berlin_CERT_Segment_Presentation_En_Okt05.ppt )からもご覧いただけます(7枚目のスライド)。
○各国
●“Industrial Commodity Statistics Yearbook”(United Nations, Dept. for Economic and Social Information and Policy Analysis, Statistical Division 年刊 【Z61-F406】)
主要約30カ国のエレベーターの生産台数が掲載されています。
○アメリカ
●Manufacturing & Distribution USA”(Gale Group  2年1回刊 【Z61-H8】)
アメリカのエレベーター及びエスカレーター製造業の総売上高及び75社のランキングと売上高が掲載されています。
●“Encyclopedia of American industries”(Thomson/Gale 2005年 【DC532-B7】)
アメリカの各業界について解説した資料です。エレベーター及びエスカレーターの項があり、業界の構造などの基本情報とともに、業界の最近の動きや主要企業の売上高などが記載してあります。
●“U.S. Market Trends & Forecasts”(Gale Group 年刊 【Z61-H265】)
アメリカの各種業界について、それぞれ2~数ページを使って市場規模やマーケットシェアをグラフで示した資料です。エレベーター及びエスカレーターの項目には市場規模、増加率、アメリカにおけるシェアが掲載されています。
○中国
●「中国におけるエレベーター・エスカレーターに関する統計」(『エレベータ界』 42(165) 2007.1 【Z16-849】)
各省や都市ごとの既設台数及び増加台数、増加率等を紹介し、地域ごとの状況を概説しています。
○フランス
●“Market Share Reporter”(Gale Research 年刊 【Z61-F219】)(既出)
世界シェアの他、フランス国内のシェアについてもデータが記載されています。

 上記資料は最近のデータを調べるためのものです。年代を遡って調べる際は、資料のタイトルや当館請求記号が異なる場合がありますのでご注意ください。当館蔵書検索・申込システムNDL-OPAC( http://opac.ndl.go.jp/index.html )によって、請求記号をご確認ください。
(インターネット最終アクセス:2007年7月25日)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
建築設備.設備工学  (528 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
エレベータ
昇降機
輸送設備
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000039400解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!