このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000039102
提供館
(Library)
秋田県立図書館 (2110003)管理番号
(Control number)
秋田-0846
事例作成日
(Creation date)
20070930登録日時
(Registration date)
2007年11月09日 02時11分更新日時
(Last update)
2010年06月19日 12時51分
質問
(Question)
①「白鳥、芦花に入る」という言葉の出典とその意味。②北秋田市(元・森吉町)の米内沢は、過去町制が敷かれていたか、また米内沢の中に「本城」という集落があったか。③北秋田市の合川地区が合川町だった時代、下小阿仁村が併合したがその時期はいつか。④青森県八戸市の大正期・昭和初期にあった女学校が知りたい。
回答
(Answer)
①「白鳥、芦花に入る」の初出は下村湖人の小説「次郎物語」第三部。白い芦原に白い鳥が舞いこんでも姿はまぎれて見えないが、その羽風によって静かだった芦原がそよぎ出す様を、例え名が出ずとも研鑽を積み、善行を行うことの美しさになぞらえている。なお元来は禅宗の教典『碧巌録』の「白馬入芦花」で、白馬を白鳥としたのは下村湖人による改変である。
②『角川日本地名大辞典5秋田県』の米内沢町の項に明治35年~昭和31年に自治体としてあったという記述があり。同資料により「本城」は明治22年~現在まで大字としてあり。それ以前は「本城村」として江戸期より存在した。
③『日本歴史地名大系5秋田県の地名』に「明治22年(1889)成立の大野村は同25年上大野村・下大野村に分れ、同22年成立の落合村・下小阿仁村と昭和30年(1955)合併して合川町となる。」という記述があり。
④『青森県百科事典』の「女学校」の項に県立第二高等女学校(八戸東高校、1901年)と八戸女塾(千葉学園高校、1910年)の2校の名があり。また『全国学校名鑑(昭和23年9月現在)』の青森県の項目に、上記2校以外に私立白菊高等学校の名があった。『青森県百科事典』では私立白菊高等学校は1931年(昭和6)5月9日創立という記述があり、以上の3校が該当すると思われる。なお、私立白菊高等学校は現在八戸聖ウルスラ学院高等学校に改称している。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
歴史  (200 8版)
参考資料
(Reference materials)
『次郎物語』(三部)下村湖人/著 ポプラ社 1971(913J/ポジ/5)
『禅語辞典』入矢義高/監修 思文閣出版 1991(R188.8/コゼ)
『茶席の禅語大辞典』有馬賴底/監修 淡交社 2002(R188.8/アチ)
『角川日本地名大辞典5 秋田県』角川書店 1980(R291.0/カカ/5)
『日本歴史地名大系5 秋田県の地名』平凡社 1980(R291.0/ヘニ/5)
『全国学校名鑑(昭和23年9月現在)』日教組調査部/編 文化研究社 1949(370/14)
『青森県百科事典』東奥日報社 1981(R291.2/トア)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献調査
内容種別
(Type of subject)
一般
質問者区分
(Category of questioner)
一般利用者
登録番号
(Registration number)
1000039102解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!