このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000039047
提供館
(Library)
福井県立若狭図書学習センター (2110046)管理番号
(Control number)
福若-2007-0928
事例作成日
(Creation date)
2007年10月14日登録日時
(Registration date)
2007年11月08日 17時30分更新日時
(Last update)
2011年05月25日 10時46分
質問
(Question)
「天正大地震」(天正13年(1586)11月29日 近畿・東海・北陸地域に甚大な被害を及ぼした)に関して、
Ⅰ.『若狭漁村史料』所収の常神社 天正14年棟札に関する解釈等の資料がないか
Ⅱ.この地震で若狭地域における被害の記録はないか
回答
(Answer)
Ⅰ.この棟札に関する解釈等は発見できない。また空白部分が多く、意味の解釈は困難。
Ⅱ.地震があったという記録は数件の資料で確認できる。
回答プロセス
(Answering process)
Ⅰ. 常神社天正14年棟札のことについて
 (1)『若狭漁村史料』には、常神社棟札について何点かの棟札が載っている。天正14年棟札は、「天正13年霜月~(空白)~天正14年~(空白)~」
   となっていて、空白部分が多く史料の解釈は困難である。但し「修造」という言葉が2ヵ所出てくることは注意される。
 (2)この棟札に関する解釈等は『若狭漁村史料』をはじめ、いまのところ見当たらない。
   これ以外の棟札は下記2点に紹介、解説されている。
   ・『若狭湾と中世の海の道』若狭歴史民俗資料館 2005 (H264/ワカサ)p22
   ・『三方町史』1990 (H271/ミ)p961~962
 (3)このほかに『三方郡誌』『西田村誌』『福井県神社明細帳』『福井県神社誌』『福井県の地名』などをみたが、該当なし。

Ⅱ. 若狭地方における天正地震での被害記録について
  *質問者が挙げている「今までの研究者の報告」とは『天正大地震誌』飯田汲事著 1987と思われる。(この地震に関する史料網羅的な研究書)
 (1)本館所蔵なので取寄せて確認すると、このなかで福井県関係の記録は以下の通り。
   『福井県災異年表』1943,『福井県の気象』1963,『新修福井市史』1970,『南条郡誌』1934,『大飯郡誌』1931。これらの内容を確認する。
 (2) 嶺南地域の郡誌・市町村史誌(主に年表・目次部分から災害部分を中心に),福井県史,福井県の災害史などをあたる。
    (1)以外で発見されたのは、次の1件。
   ・『上中町郷土史』1964(H273/カミナ)に「若狭国災異一覧」の章があり、その地震の部分に「天正13年11月29日 越前若狭地震 福井県史 南条郡誌」とある。

*若狭歴史民俗資料館の学芸員に問合せる。
 → Ⅰ.『若狭湾と中世の海の道』の展示の際、常神社棟札を詳しく調査したが、天正14 年の棟札については、『若狭漁村史料』に載っている以上のことは不明である。
    
【2011.05.25修正】
事前調査事項
(Preliminary research)
福井県立図書館で市町村史や災害史などを見たが、県内での被害記録は「今までの研究者の報告どおり
(『天正大地震誌』のここと推測される)」福井県内での被害記録は見当らなかった。
地震があったという記述は『南条郡誌』『大飯郡誌』などにある。
NDC
地震学  (453 8版)
北陸地方  (214 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
天正(大)地震 
常神社
照会先
(Institution or person inquired for advice)
福井県立若狭歴史民俗資料館
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
天正大地震は天正13(1586)年11月29日に発生し、近畿・東海・北陸地域に甚大な被害を及ぼした。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000039047解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決