このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000038511
提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
都立図事-2007004926
事例作成日
(Creation date)
2006/6/30登録日時
(Registration date)
2007年10月30日 02時11分更新日時
(Last update)
2007年10月30日 02時11分
質問
(Question)
長野県の伝説に「つつじのおとめ」という話がある。また、「つつじのむすめ」という題の同じような話があるが、どちらが本物なのか。
回答
(Answer)
 都立図書館DBで検索すると、<つつじのおとめ>で5件、<つつじのむすめ>で5件ヒットする。これらの資料、および分類388の書架にある長野県の民話・伝説の資料を調査した。
 長野県の伝説「つつじのおとめ」は、毎晩娘が餅を持って男のもとを訪れる。家を出る時両手に米を握りしめ、遠い山を越えてくると、餅になっているという。男は女を怪しみ、ある晩ついに女を崖に突き落とす。その時ほとばしった血が、真っ赤なツツジとなって咲く、という話である。
 結論としては、同じ伝説を元にしたものと思われる。伝説を再話し、文章に起こし、若干の創作を入れる過程で、違う題名と語り口になっていくので、どちらが本物というものではないと考えられる。
最も古い採録は、1918年刊の資料1に収められた「血潮の躑躅」で、小県郡神科村大字山口の伝説で、出典として「上田地方の口碑『宮川氏記』」とある。出典の「宮川氏記」については調査したが不明だった。
資料2『信州の伝説』(1941年刊)には、「躑躅の乙女」(小県)があり、ほぼ同じ話が収められている。
資料3~5は、どれも資料2を出典として再話されたもので、それぞれ「つつじの乙女」「ツツジのむすめ」「つつじの乙女」という題名になっている。資料6の「つつじの娘」には、出典が明記されていないが、資料2と同じ出典と思われる。上記の話は、いずれも地名から信濃の伝説であることがわかる。
資料7の「つつじのむすめ」は、民話を下敷きにした松谷みよ子の創作であり、明確な地名は入っていない。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
伝説.民話[昔話]  (388 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 日本伝説叢書 信濃の巻 / 藤沢衛彦∥編著 / 日本伝説叢書刊行会 , 1917 Y/Y8955
【資料2】 信濃の伝説 / 村沢武夫∥著 / 山村書院 , 1941 /3881/504/1
【資料3】 信濃の民話 / 未来社 , 1974 ( 日本の民話 第1 ) K/388.1/143/1
【資料4】 長野県の民話 / 偕成社 , 1981 ( ふるさとの民話 第24 ) /388/366/24
【資料5】 松谷みよ子の本 9 伝説・神話 / 松谷みよ子∥著 / 講談社 , 1995.10 K/918/マ3/301-9
【資料6】 新選信濃の民話集 : 民話でつづる愛のものがたり / はまみつを∥著 / 郷土出版社 , 1989.8 /388/3066/89
【資料7】 つつじのむすめ / 松谷みよ子∥文 / あかね書房 , 1974 ( 新しい日本の絵本 8 ) /E/マ159/21
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
その他
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000038511解決/未解決
(Resolved / Unresolved)