このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000038227
提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
7783
事例作成日
(Creation date)
2007年10月18日登録日時
(Registration date)
2007年10月18日 09時55分更新日時
(Last update)
2014年01月18日 13時04分
質問
(Question)
刀剣で知られる岐阜県関市で、製品の中心が日本刀からナイフに移行した過程
回答
(Answer)
「日本地誌 第12巻(岐阜県・愛知県)」(日本地誌研究所/編 二宮書店 1969年発行)の
関の刀剣鍛冶の刃物工業への変遷に関する記述(p456)をまとめると、次のようになる。

・江戸時代に入り世が太平になるにつれ、刀剣の需要が激減。刀工の中には他業への転向、あるいは
 鍬、鎌など農具や包丁、かみそりなどを製造するものが生じた。
・明治9(1876)年の廃刀令はさらに刀剣鍛冶を斜陽化させた。
・明治20(1887)年、福地広衛門が、輸入品をまねてポケットナイフの製造を始め、
 伝統的技術を金属工業に生かすこととなる。
・その後、明治、大正、昭和と関の刃物工業は発展を遂げ、生産品はナイフ類を中心に
大工道具、農業用利器、包丁、はさみ類から洋食器、裁断機、安全かみそり、替え刃、時計器具など
多くの品種を生産するにいたり、海外進出もめざましいものがあった。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
金属製品  (581 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
刃物類
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
岐阜県図書館
備考
(Notes)
以下の資料に近代以降の関刃物産業の動向が記されていとの情報が、岐阜県図書館から寄せられた。
1 『新修 関市史 刃物産業編』(関市,1999)…p.435より「近現代の刃物産
業の成立と展開」、統計資料など。
2 『関の刃物の歴史』(日本輸出刃物工業組合,1984)
3 『伸びゆくまち関市 美濃の刀剣年表』(関市教育委員会,1990)
 資料1には、関の福地広右衛門がポケットナイフの製作に成功したのが明治21年
(p.1024)、ポケットナイフの生産が盛んになるのは明治24年ごろ(p.114年表)とある。
 また、資料2に掲載されている昭和13年の関打刃物同業組合の生産高は、下記の
とおり。
ポケットナイフ 270,200ダース 218,550円
小刀類     562,300 本   56,230円

なお、上記3冊は、香川県立図書館未所蔵である。
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000038227解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!