このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000038056
提供館
(Library)
池田市立図書館 (2310164)管理番号
(Control number)
ike-200713
事例作成日
(Creation date)
2007年08月15日登録日時
(Registration date)
2007年10月10日 17時45分更新日時
(Last update)
2008年06月20日 12時34分
質問
(Question)
池田に伝わる「呉織・漢織(くれはとり・あやはとり)伝説」について
回答
(Answer)
池田には応神天皇のころ、大陸から呉織・漢織の2人の織り姫がこの地に渡り、織物や染色の技術を伝えたという伝説が残っています。
『池田・昔ばなしと年中行事』
『大阪府の民話(県別ふるさとの民話 33)』偕成社 p156~:「星月夜の織姫」
『日本の伝説(第1期)8 大阪の伝説』角川書店 p115~
『池田学講座』池田市教育委員会 p56~:「池田の経塚」(二姫を葬ったと伝えられる姫室・梅室)、p120「クレハトリ・アヤハトリの伝承」などに、呉織・穴織が糸を染めた染殿井、染糸を掛けて干した絹掛松などの伝説について書かれています。

呉織・漢織は古代に中国から渡来した綾織の技術者。呉織は呉服、漢織は穴織とも書きます。「はとり」は機織の意です。(『国史大辞典 4 き‐く』p952 くれはとり・あやはとり)(『日本歴史大辞典 1 あ‐う』p180 あやはとり・くれはとり)

『日本書紀』 「巻第十 誉田天皇(ほむたのすめらみこと)応神(おうじん)天皇」「巻第十四 大泊瀬幼武天皇(おおはつせのわかたけのすめらみこと)雄略(ゆうりゃく)天皇」には、この縫工女(きぬぬいめ)招致に関する伝承が収められています。
『国史大辞典 4 き‐く』によると、「ただし、応神紀・雄略紀のこれらの織工女の記事は、同じ内容のものを分けて記したか、あるいは前者は後者の記事の混入ではないか、といわれる。」とあります。
また、『池田市史 概説篇』には次のような記述があります。「呉織・漢織が池田に来て織物技術を伝えたとされていますが、日本書紀にはこのような記述はなく、この伝承がいつ、なぜ、どのようにして誕生したのか、はっきりしたことはわかっていません。」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
伝説.民話[昔話]  (388 9版)
参考資料
(Reference materials)
『国史大辞典 4 き‐く』吉川弘文館 1984.2
『日本歴史大辞典 1 あ‐う』河出書房新社 1979
『池田市史 概説篇』池田市史編纂委員会/編纂 池田市役所 1971
『池田・昔ばなしと年中行事』 広報公聴課/編集 池田市役所 1982.2 (児童向き)
『まんが池田の歴史』池田市教育委員会 2000.3 (児童向き)
『日本書紀 上』井上光貞/監訳 中央公論社 1987.3
『定本日本書紀 中巻』丸山林平/編 講談社 1966
『日本古典文学大系 67 日本書紀』岩波書店 1967
『大阪府の民話(県別ふるさとの民話 33)』日本児童文学者協会/編 偕成社 1982.6
『日本の伝説(第1期)8 大阪の伝説』庄野栄二/他著 角川書店 1976.7
『池田学講座』池田市教育委員会/著発行 2008.2
キーワード
(Keywords)
池田-伝説
呉織 漢織 (くれはとり あやはとり)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
小中学生
登録番号
(Registration number)
1000038056解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!