このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000038054
提供館
(Library)
池田市立図書館 (2310164)管理番号
(Control number)
ike-200711
事例作成日
(Creation date)
2007年07月26日登録日時
(Registration date)
2007年10月10日 17時37分更新日時
(Last update)
2007年10月10日 18時08分
質問
(Question)
明治になって発令された法令により、一般庶民も苗字を名乗るようになったが、その法令名と内容について知りたい
回答
(Answer)
法令名: 明治3年9月 <平民苗字許可令>、明治8年<平民苗字必称令>

内容等については、明治になってからの苗字の公称、経緯について詳しく書かれていると思われる以下の資料を紹介

①『苗字の歴史』中央公論社 1971 p147~ 「苗字の公称」に詳しく書かれている。
「明治三年(一八七〇)九月四日、佩刀禁止の令に先立ち、太政官から苗字差許しの布告が出された。 自今平民苗字被許事・・・」と、一般庶民も苗字を持つことが認められたとあり。また、その後平民の苗字届出が円滑に行なわれず、明治8年太政官布告が出され「<自今必ず苗字を相唄うべく、もっとも祖先の苗字不分明の向は新たに苗字を設くるべし>と強制した。」 とあり。

②『苗字の話』 近代文藝社 1995 p43~「現代の苗字と姓 明治の新戸籍と苗字」に、「・・・明治三年九月十九日には、明治新政府により平民に「姓」を許可する旨の触れをだしている。・・・(平民に)苗字を名乗ることを許すということをしたのである。」「明治八年二月十三日に「平民に令して氏を称し、その詳らかならざる者は新に之を設けしむ」という太政官布告がだされて、平民も必ず苗字を名乗るようにということになったのである。」と書かれている。

③『苗字と名前の歴史』 吉川弘文館 p42~ 「庶民もなのった姓と苗字」

④『日本人名大辞典』 講談社 2001 の前書き「日本人の姓と名」の「苗字は必称に」の項 p16にも 「明治8年(1875)に「平民苗字必称令」を発布し・・・」と、少し記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
下記参考資料をあたるが、 法令名(平民苗字許可令)については、レファレンス共同データベースを検索→明治政府が作った制度についての質問に対し、『法令全書 3 内閣官報局/編 原書房 1974』に「明治3年9月 平民苗字許可令」という記述あり
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
系譜.家史.皇室  (288 9版)
参考資料
(Reference materials)
『苗字の歴史』 豊田武/著 中央公論社 1971.9
『苗字の話』 松島茂光/著 近代文藝社 1995.02
『苗字と名前の歴史』 坂田聡/著 吉川弘文館 2006.4
『日本人名大辞典』 講談社 2001.12
キーワード
(Keywords)
苗字
平民苗字許可令
平民苗字必称令
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000038054解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決