このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000038049
提供館
(Library)
池田市立図書館 (2310164)管理番号
(Control number)
ike-20077
事例作成日
(Creation date)
2007年06月16日登録日時
(Registration date)
2007年10月10日 17時16分更新日時
(Last update)
2007年10月10日 18時08分
質問
(Question)
『二十億光年の孤独』中の「人類は小さな球の上で・・・」の「球」の読み方を知りたい
回答
(Answer)
①学校教育のサイト・インターネットランド  http://www.tos-land.net/  (2007/06/20確認)→授業・教科等の技能系教科:音楽のページ 中学校~大学の中に「合唱曲「二十億光年の孤独」(曲集「地平線のかなたへ」の中の1曲)の指導のポイント(TOSS中学・TOSS音楽推薦)」があり、合唱曲の歌い方指導では「きゅう」と読んでいる。 
*「地平線のかなたへ」は曲集として音楽之友社から混声4部版が出版されている。

②CD『合誦したい日本の名詩』では「きゅう」と読んでいる。

③カセットブック『谷川俊太郎自作を読む③』では「たま」と読んでいる。
回答プロセス
(Answering process)
・ネット検索→検索語: 「二十億光年の孤独」→上記サイト:インターネットランドがヒット
・カセットブック「谷川俊太郎、自作を読む③」 で確認。
・CD「愛誦したい日本の名詩」を借受けして確認。
事前調査事項
(Preliminary research)
谷川俊太郎の詩集には、ふり仮名なし
NDC
詩歌  (911)
参考資料
(Reference materials)
『谷川俊太郎、自作を読む③』 草思社 1988 (カセットブック)
『合誦したい日本の名詩』 KING 2003.06 (CD)
キーワード
(Keywords)
詩-谷川俊太郎
二十億光年の孤独
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
利用者
備考
(Notes)
後日利用者より次の報告をいただいた。→著者本人に確認をとらせていただいたところ、「どちらでも読み手のいいように読んでもらっている」との返事をいただいたとのこと。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000038049解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!