このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000038013
提供館
(Library)
奈良県立図書情報館 (2110012)管理番号
(Control number)
奈県図情-07-010
事例作成日
(Creation date)
2007年10月05日登録日時
(Registration date)
2007年10月05日 11時57分更新日時
(Last update)
2007年10月12日 12時43分
質問
(Question)
明治のはじめに奈良県の権令だった藤井千尋について知りたい。
回答
(Answer)
藤井千尋(フジイ チヒロ)については、明治6~9年に奈良県権令であったことや氏の奈良時代の業績がわかる程度で、それ以上のことはプライベートなことも含めて資料もなく不明です。同様に奈良在住以後の氏の動向は全くわかりませんでした。
廃藩置県後、最初の県令であった四条隆平(シジョウ タカトシ)の退任後、青山貞(アオヤマ テイ)が奈良県権令に就任する予定でしたが、赴任しないまま他の任務につき、代わって堺県参事であった藤井が明治6年11月19日に奈良県権令に就任したといういきさつがありました。奈良在任期間中の業績ととしては、大区会議所の整備・大区小区の組み替えなど、大区小区制の整備、地租改正事業の実施、「学制」以後の小学校の整備、小学教員伝授(伝習)所以降の教員養成機関の設立などがあげられますが、とくに奈良博覧会社の設立と明治8年から始まる奈良博覧会の実施は氏の在任期間中の大きな事業の一つであったといえましょう。明治9年4月、奈良県が廃止され、堺県に合併されましたが、藤井権令のその後の動向はわかりません。
ちなみに、当時県令は原則として奏任四等に位置づけられ、地方行政長官として中央集権政治を支えました。奏任五等に相当するのが権令で、県令の代わりに派遣されることがあったといわれています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
個人伝記  (289 9版)
参考資料
(Reference materials)
『青山四方にめぐれる国 : 奈良県誕生物語』 奈良県  1987
『奈良県の歴史』 (県史29) 山川出版社 2003
キーワード
(Keywords)
藤井千尋(フジイ チヒロ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000038013解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決