このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000038005
提供館
(Library)
奈良県立図書情報館 (2110012)管理番号
(Control number)
奈県図情-07-003
事例作成日
(Creation date)
2007年10月05日登録日時
(Registration date)
2007年10月05日 11時06分更新日時
(Last update)
2007年10月12日 12時34分
質問
(Question)
「斑鳩」の漢字が使われるようになった由来などについての資料がほしい。池田末則氏の文献などでよい資料はないか。
回答
(Answer)
「斑鳩」の地名は、イカルという鳥が沢山住んでいたからだとされていますが、イカルが何故「斑鳩」と書かれ、地名でもその漢字が用いられたかということは良く分かりません。
池田末則氏は、
「斑はワカツ、イカツ、鳩はキュウと読む。イカルガの音に近い。こうした地名用字は相当なエリートの知恵で考えた地名だと思われる。」(『地名風土記 : 伝承文化の足跡』)、また、「『記』『紀』には…『山門』を『陽明門』と嘉名化したように、佳名・表意・近似音表記の事例は少なくない」(『地名伝承論 : 大和古代地名辞典』 )
と述べています。
なお、『奈良県史 14 地名』p.445~446にも、池田末則氏による詳しい解説が載っておりますのでご覧ください。(そこでは、イカルガのガは助詞ではないかと述べられています)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
〔調査済資料〕
『角川日本地名大辞典 奈良県』
『平凡社日本歴史地名大系 30 奈良県の地名』
『斑鳩町史』
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
『地名風土記 : 伝承文化の足跡』 池田末則著 東洋書院 1992
『地名伝承論 : 大和古代地名辞典』 池田末則 名著出版 1990
『奈良県史 14 地名』 池田末則著 名著出版 1985
キーワード
(Keywords)
斑鳩
地名
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000038005解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!