このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000037659
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2007-028
事例作成日
(Creation date)
2007/05/11登録日時
(Registration date)
2007年09月21日 02時11分更新日時
(Last update)
2007年10月03日 16時03分
質問
(Question)
1970年代以降の子どもたちの遊びの変化について、統計資料を探している。
回答
(Answer)
該当記述の見られる以下の資料を提供する。
『遊びの思想』(下山田裕彦 川島書店 1991)p37-「子どもの遊びの変容」の章に1945~80年代の変遷についての記述あり。
『日本子どもの歴史』(野垣義行 第一法規出版 1977)p196-「戦後の遊びの変遷-三つの時代」に昭和20年~50年代を三つの時代に分けて解説している。
『現代っ子の生活』(深谷昌志 第一法規出版 1978)p4 関連する記述が若干あり。
『子ども世界の遊びと流行』(大日本図書 1990)p18-29「遊びはどう変化したのか」の節あり。TV視聴、遊びの経験に関する図表あり。
『現代小学生の生活と意識』(明治図書出版 1991)p20-24「遊びの世界」に1984年と1989年の遊びの実態に関する調査結果あり。
『子ども白書 2006』(草土文化 2006)p85-86に「子どもの現実と遊びの変化」の項目あり。
回答プロセス
(Answering process)
自館目録を書名〈遊び or 遊戯〉で検索。検索結果の中から『遊びの思想』を確認し、p37の参考文献から『日本子どもの歴史』を確認した。
《NDL(雑索)》を記事名〈遊び & 変遷〉で検索。検索結果26件のうち、
深谷昌志「子どもの遊びの変遷」(『教育と医学 Vol.55,No.3』 2007.3)p54-60、森下みさ子「現代社会にみる遊びの変遷」(『児童心理 vol.55,no.13』 2000.9)p1170-1175、飯島敏文「情報化社会における子どもと教育(1)子どもの遊びの変遷とニューメディア」(『大阪教育大学紀要 4 教育科学 Vol.49,No.1』2000.8)p59-67、森田勇造「子どもの野外伝承遊びの変遷」(『体育の科学 Vol.38,No.8』1988.8)p596-599
を確認。
上記「子どもの遊びの変遷」の著者〈深谷昌志〉から自館目録を検索。検索結果29件のうち、『現代っ子の生活』『子ども世界の遊びと流行』『現代小学生の生活と意識』に関連する記述があることを確認する。
白書類から、『子ども白書 2006』を確認。
以上の調査経過をふまえて資料を提供する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
教育学.教育思想  (371 9版)
統計  (350 9版)
体操.遊戯  (781 9版)
参考資料
(Reference materials)
『遊びの思想』(下山田裕彦 川島書店 1991)
『日本子どもの歴史』(野垣義行 第一法規出版 1977)
『現代っ子の生活』(深谷昌志 第一法規出版 1978)
『子ども世界の遊びと流行』(大日本図書 1990)
『現代小学生の生活と意識』(明治図書出版 1991)
『子ども白書 2006』(草土文化 2006)
キーワード
(Keywords)
遊戯
児童研究
統計 
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000037659解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決