このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000037652
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2007-019
事例作成日
(Creation date)
2007/02/08登録日時
(Registration date)
2007年09月21日 02時11分更新日時
(Last update)
2007年10月03日 15時59分
質問
(Question)
蜂の①毒の成分と②俗にいう針の部分は人間にたとえればどこにあたるか、知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介する。
①毒の成分
『毒物・中毒用語辞典』p208-209
『スズメバチはなぜ刺すか』p35-42
『ミツバチの生態学』p168
『ニホンミツバチ』p156
②人間にたとえればという対照はなかったが、針は産卵管だったという記述により、女性の卵管にあたると思われる。
『スズメバチはなぜ刺すか』p17
『昆虫学大事典』p155
『ハチとアリの自然史』p2
回答プロセス
(Answering process)
NDC分類(486.7)の書架と毒物に関する資料を探索した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
昆虫類  (486 9版)
細胞学  (463 9版)
参考資料
(Reference materials)
『毒物・中毒用語辞典』(Anthony T.Tu 化学同人 2005)
『スズメバチはなぜ刺すか』(松浦誠 北海道大学図書刊行会 1988)
『ミツバチの生態学』(トーマス・D・スィーレイ 文一総合出版 1989)
『ニホンミツバチ』(佐々木正己 海游舎 1999)
『昆虫学大事典』(朝倉書店 2003)
『ハチとアリの自然史』(北海道大学図書刊行会 2002)
キーワード
(Keywords)
昆虫
組織学 463
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000037652解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!