このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000037644
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2007-033
事例作成日
(Creation date)
2007/05/31登録日時
(Registration date)
2007年09月21日 02時11分更新日時
(Last update)
2007年10月03日 15時59分
質問
(Question)
箸墓古墳は誰の墓かについて書かれた資料が知りたい。百科事典レベルの記述で良い。
回答
(Answer)
『日本古代遺跡事典』(吉川弘文館)p555「箸墓古墳」の項に「箸墓古墳は倭迹迹日百襲姫命の大市墓に比定されて宮内庁が管理」と記述あり。
『日本史大事典 6』(平凡社)p872「倭迹迹日百襲姫命」の項によれば「日本書紀」に孝霊天皇の女(むすめ)であると言う説あり。類似の名に「日本書紀」にある孝元天皇皇女の倭迹迹姫命という説あり。関連して、「大市墓」として考古学関係図書で、卑弥呼の墓に擬する説あり、との記述が見られる。
『国史大辞典 14』(吉川弘文館)p185「やまとととひももそひめのみこと」の項に「『三国志』魏志東夷伝倭人条にみえる卑弥呼を・・・百襲姫に比定する説」また、同頁「大市墓」の項に、奈良県桜井市大字箸中・・・、「箸墓古墳」といい、卑弥呼の墓に擬する説」という記述がある。
『最初の巨大古墳 箸墓古墳』(清水真一 新泉社)第5章に昭和初期「笠井進也が卑弥呼を倭迹迹日百襲姫命に比定しこの説」が広まるとあり。著者の説として3世紀後半期に確立した大和政権の初代大王の墓と記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
日本史事典で〈箸墓古墳〉を確認。自館目録を〈箸墓〉で検索。該当書架を確認する。
《NDL-OPAC(雑索)》を〈箸墓古墳〉で検索。県立所蔵雑誌の該当号を紹介する。

また、以下の資料記述を紹介する。
『大和の古墳を語る』(泉森皎 臨川書店)
『考古学と古代日本』(森浩一 中央公論社)
森浩一「記紀の考古学 箸墓古墳と纏向遺跡」(『論座 1999年4月号』 朝日新聞社)
大和岩雄「箸墓古墳の被葬者をめぐって-文献資料と考古資料の扱い方について」(『東アジアの古代文化 103号』 大和書房)
大和岩雄「箸墓古墳の最新の調査報告について」(『東アジアの古代文化 105号』 大和書房)  
大和岩雄「箸墓古墳の築造時期と被葬者―奈良県文化財調査報告書「箸墓古墳周辺の調査」を読んで」(『東アジアの古代文化 115号』 大和書房)

追記:当時貸出中で確認できなかった資料『箸墓は卑弥呼の墓か』(大和岩雄 大和書房)は参考文献に雑誌論文等を収載している。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
歴史補助学  (202 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本古代遺跡事典』(吉川弘文館)
『日本史大事典6』(平凡社)
『国史大辞典14』(吉川弘文館)
『最初の『巨大古墳 箸墓古墳』(新泉社)
『大和の古墳を語る』(臨川書店)
『考古学と古代日本』(中央公論社)
『論座 1999年4月号』(朝日新聞社)
『東アジアの古代文化 103号』(大和書房)
『東アジアの古代文化 105号』(大和書房)
『東アジアの古代文化 115号』(大和書房)
キーワード
(Keywords)
日本-歴史-古代
古墳-奈良県-桜井市 
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000037644解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!