このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000037634
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2007-023
事例作成日
(Creation date)
2007/05/15登録日時
(Registration date)
2007年09月21日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年11月05日 17時55分
質問
(Question)
幕末の倒幕軍の武士は、頭にそれぞれ色のついたものを目印につけていたというが、どのようなものか。その起源についても知りたい。
回答
(Answer)
熊毛をあしらった赤熊(しゃぐま)・白熊(はぐま)・黒熊(こぐま)と喚ばれる冠物をいう。

以下の資料を紹介する。
資料①『ビジュアル・ワイド明治時代館』(小学館)p61「戊辰戦争当時の諸藩兵」の写真解説に、熊毛をあしらった赭熊(しゃぐま)・白熊(はぐま)・黒熊(こぐま)の冠物も現れたという記述あり。
資料②『戊辰物語 幕末から明治へ』(新人物往来社)p64「薩摩州のおもだった人は黒い毛のかぶり物、長州は白い毛、土佐は赤い毛の」と記述あり。
資料③『日本近代軍服史』(雄山閣出版)p71-75〈第3章 各藩兵の戎服〉「赤熊・白熊・黒熊」の項に、どうしてこの風俗が始まったか、各藩の藩史や藩法集を見てもこれについての記録がないとある。
資料④『日本の軍服』(国書刊行会)p36「東征軍の戎装」の項に該当記述あり。
維新の兵乱に際し、東征軍の将校の間に飾毛のみを直接頭に冠る風が起こった。よく引用される「薩州は黒い毛のかぶりもの、長州は白い毛、土州は赤い毛」(「戊辰物語」)は誤りで、各藩とも定まった色ではなかった」とあり。
資料⑤『考古学雑誌 28巻5号』(吉川弘文館)p322「所謂唐の頭について」の論文あり。
資料⑥『図録日本の甲冑武具事典』(柏書房)p338「兜蓑と引廻し」の項
「白色のものを(はくま)、黒色のものを(こくま)、赤く染めたものを(しゃくま)とよび、唐の頭は獣毛の一種で、総て支那から舶載されたもの」と記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
倒幕派の薩摩、長州、土佐藩等の諸藩関連資料を調べるが、該当記述なし。
《Google》を〈戊辰戦争〉等で探索、将校が被ったヤクの毛で作った被り物〈白熊(はぐま)・黒熊(こぐま)・赤熊(しゃぐま)〉の記述が見つかり、『国史大辞典 索引』にあたる。
「白熊」の参照項目「唐頭(からのかしら)」の項に、赤熊・白熊・黒熊の説明および参考文献があり、掲載資料を探す。
次に幕末の戊辰戦争関係資料を探索、『ビジュアル・ワイド明治時代館』『戊辰物語 幕末から明治へ』に該当記述あり。

軍服関係資料にあたる。『日本軍の軍服』(国書刊行会)のp36「東征軍の戎装」の項に記述および薩摩藩士某着用の〈白熊〉の写真あり。『日本近代軍服史』(雄山閣出版)p36「赤熊・白熊・黒熊〈熊毛の冠りもの〉」の項には、「熊毛は、チベット産ヤクの体毛・尾毛のことである」と始まり、詳細な記述が続く。左記2冊の資料には、敵味方の目印として袖印・肩印をつけたという記述もあった。
その他に『箱館戦記』p10、15に〈赤熊・白熊〉の写真あり。『箱館海戦記』p23、26に〈赤熊〉の錦絵あり。
 
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
国防.軍事  (390 9版)
日本語  (031 9版)
参考資料
(Reference materials)
『ビジュアル・ワイド明治時代館』(佐々木隆 小学館 2005)
『戊辰物語 幕末から明治へ』(東京日日新聞社会部 新人物往来社 1970)
『日本近代軍服史』(太田臨一郎 雄山閣出版 1972)
『日本軍の軍服 幕末から現代まで』(太田臨一郎 国書刊行会 1980)
『考古学雑誌 28巻5号』(吉川弘文館)
『図録日本の甲冑武具事典』(笹間良彦 柏書房 1981)
キーワード
(Keywords)
戊辰戦争
軍服
日本-歴史-江戸時代 
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
管理番号「埼浦-2007-034」が類似の調査事例である。「ハゲマ」「はくま」などのレファレンス記録が異なる。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000037634解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!