このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000037518
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M07051617560064
事例作成日
(Creation date)
2007/04/12登録日時
(Registration date)
2007年09月13日 02時15分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
牡丹の原産地や栽培の歴史について知りたい。
回答
(Answer)
資料1の「ボタン」の「歴史・文化」に「中国原産で,わが国へいつ持ち込まれたか定かではないが,一説には聖武天皇の頃に渡来した」ともいわれ,「平安時代以来,宮廷や寺院で観賞用として栽培されたが,江戸時代になると庶民の手に移り,元禄,宝永の頃,爆発的な流行を呼んだ」などの記述あり。 資料2の「ぼたん」,資料3p.81-82の「ボタンの種類と分布」,p.85-87の「ボタンの来歴」にもボタンの原産地や栽培の歴史に関する記述あり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
植物学  (470 9版)
参考資料
(Reference materials)
資料1:木村陽二郎監修・植物文化研究会編『図説花と樹の事典』柏書房,2005,589p.参照はp.412. 資料2:塚本洋太郎著『原色花卉図鑑(下)』保育社,1975,174p.参照はp.80.資料3:『花材別 いけばな芸術全集5 桃・木瓜・牡丹』主婦の友社,1974,215p.参照はp.81-82,85-87.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2007051617503260064
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000037518解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!