このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000037477
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M06061716552826
事例作成日
(Creation date)
2006/06/17登録日時
(Registration date)
2007年09月13日 02時14分更新日時
(Last update)
2018年12月05日 00時30分
質問
(Question)
岡山市高松は、生石村と加茂村を合併してできたらしいが、「生石」の読みを知りたい。
回答
(Answer)
 資料①~③の「難読地名」の一覧には記載なし。  現在の岡山市の地名であることから資料④の「高松支所管内」を概観すると冒頭に「吉備郡生石村と都窪郡加茂村を云々」との記載があり「おいしむら」とルビがある。  また、資料⑤を概観すると「序」に「旧吉備郡高松町を中心に、同郡生石村と云々」との記載があり、ここでは「おおいしそん」とルビを振っている。  さらに、資料①を確認すると「おいし」の見出しの下に生石郷、生石荘、生石村等の説明があるが、資料②では「生石郷」の見出しがありルビは「おうし」である。  以上から「生石」には「おいし」「おおいし」「おうし」の3とおりの読みがあることが確認できる。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
資料①『角川日本地名大辞典33岡山県』角川書店,1989. 資料②『日本歴史地名大系34岡山県の地名』平凡社,1988. 資料③『岡山地名事典』日本文教出版,昭和49. 資料④岡山市地名研究会著『岡山市の地名』岡山市,1988. 資料⑤『郷土誌たかまつ』吉備郡高松町教育研修会,1971.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2006061716582152826
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000037477解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!