このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000037460
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M07080917060886
事例作成日
(Creation date)
2007/08/09登録日時
(Registration date)
2007年09月13日 02時13分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
キダチアロエはどのようなアロエか知りたい。
回答
(Answer)
資料1の「アロエ(キダチアロエ)」に「日本の家庭でもっとも多く見かけるのがキダチアロエで,高さ1~2mになる低木状の多年草」,資料2の「アロエの種類」に「アロエの生葉は苦味のあるのが特徴ですが,キダチアロエは苦味が少なく,医学的に最も多くの有効成分が検出されているため,日本では古くから民間薬として活躍してきました」,「キダチアロエは比較的寒さに強いため,日本での冬越しも容易にできるのが特徴」という記述がある。資料3の「アロエ」には,「一般に木立アロエをキダチアロエと呼ぶが,木立の正しい読み方はコダチ」とあり,「茎が立ちあがり,木質化する」といった性状や栽培について記述がある。資料4にはキダチアロエの花の咲かせ方について記述がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
薬学  (499 9版)
参考資料
(Reference materials)
資料1:田中孝治著『家庭で使える薬用植物大事典』家の光協会,2002,287p.参照はp.30.資料2:添田百枝監修『すべてに効く薬草アロエ』ナツメ社,1994,172p.参照はp.16-17.資料3:坪井敏男著『薬になる草と木424種』研数広文館,1991,615p.参照はp.53.資料4:肥田和夫著『薬草健康法アロエ』土屋書店,1992,159p.参照はp.124-125.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2007080917015960886
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000037460解決/未解決
(Resolved / Unresolved)